従来の20分の1の変調速度で超高速通信を実現

− 512値の超多値コヒーレント光伝送に世界で初めて成功 −

電気通信研究所の中沢正隆教授(光通信工学)の研究グループは,コヒーレントQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)と 呼ばれる伝送方式を用いて,1シンボルで9ビット即ち512値に及ぶ超多値光伝送に世界で初めて成功しました.

従来の光通信では,1回の変調で送ることの出来る情報は1〜2ビットが限界でしたが,本研究では,512QAMに偏波多重と呼ばれる手法を組み 合わせることにより,一度に18ビットの情報伝送を世界で初めて実現しました.これは従来の約5%の極めて低速な変調速度で高速光通信が実現できることを意味しており,光通信システムの低コスト化と低消費電力化に大きく貢献する成果です.

        研究成果概要の詳細 

問い合わせ先
電気通信研究所 ブロードバンド工学部門 超高速光通信研究室
(教授)中沢 正隆  TEL:022-217-5522

通研ホーム通研ホーム