東北大学 電気・情報
    東京フォーラム2013
    - 復興から新生へ ~ 情報通信の未来像 ~ -

  • 日  時      :平成25年11月21日(木)10:00~19:00
  • 会  場      :学術総合センター (東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
  • 主  催      :東北大学電気通信研究所
  • 共  催      :東北大学電気・情報系,卓越した大学院拠点形成 - 情報エレクトロニクスシステム教育
                          研究拠点 -,“電気・情報未来戦略 - 21世紀を拓く情報エレクトロニクス - ”懇談会
  • 後  援      :総務省,文部科学省,東北大学電気・通信・電子・情報同窓会,東北大学萩友会
  • 参加費         :技術セミナー及び講演会  :無料
                          ディスカッション&懇親の集い:8,000円/名
  • お問合せ先  :東北大学電気通信研究所 研究協力係
                          TEL. 022-217-5422  FAX. 022-217-5426
                          e-Mail. riec-kenml.riec.tohoku.ac.jp

チラシ

poster

poster

poster

プログラム

受付10:00~        
 
技術セミナー - 情報通信の未来像 -10:30~14:30
コース1:「光無線融合によるレジリエントヒューマンコンシャスネットワークの未来像」10:30~12:00
1)「災害に強い通信ネットワークの構築に向けて:重層的通信ネットワークの基本構想と構成技術」
東北大学大学院工学研究科  安達  文幸  教授
2)「無人航空機と「スマホdeリレー」- 災害に強い機動的アドホックネットワーク -」
東北大学大学院情報科学研究科  加藤  寧  教授
3)「レジリエント情報通信のための適応等化型光通信技術の開発に向けて」
東北大学電気通信研究所  中沢  正隆  教授
コース2:「耐災害情報ストレージ技術と超低エネルギーコンピューティングの未来像」10:30~12:00
1)「大災害時の情報サービスを可能とするストレージ基盤技術」
東北大学電気通信研究所  中村  隆喜  准教授
2)「電子お薬手帳システムを用いた高可用ストレージ実証実験」
日立ソリューションズ東日本  宗形  聡  研究員
3)「スピントロニクスが拓く超低エネルギー・耐災害コンピュータシステムの展望 」
東北大学電気通信研究所  羽生  貴弘  教授
コース3:「ビッグデータが切り拓く情報社会の未来像」13:00~14:30
1)「ビッグデータから知をつむぐ自然言語処理」
東北大学大学院情報科学研究科  乾  健太郎  教授
2)「生命科学ビッグデータへの情報科学の挑戦」
東北大学大学院情報科学研究科  木下  賢吾  教授
3)「ビッグデータの流通を支える情報通信ネットワーク」
東北大学サイバーサイエンスセンター  菅沼  拓夫  教授
ポスターによる全研究室の研究成果展示12:00~17:30
—全研究室の研究成果を展示—    研究室展示ポスター webpage
RIEC Award授賞式14:45~15:30
RIEC Award受賞記念講演   RIEC Award受賞者 webpage
講演会15:45~17:15
講演Ⅰ「災害に強い情報通信ネットワーク」
NTT東日本  情報セキュリティ推進部長  橘川  龍也  氏
講演Ⅱ「東北大学の復興アクションの現状とビジョン」
東北大学理事(震災復興推進担当)  原  信義  氏
講演Ⅲ「総務省のICT研究開発動向」
総務省  情報通信国際戦略局  技術政策課  研究推進室  室長  荻原  直彦  氏
ディスカッション&懇親の集い(有料)17:30~19:00