開催日:2016年6月2日(木)15:00〜16:30

講演題目:

第I部: 「テラヘルツ波のヘテロダイン検出および直接検出技術」

第II部: 「テラヘルツ波デバイスの量子効率におけるプラズモン増強効果」

講師:ミティン ウラジミール(MITIN, Vladimir)東北大学電気通信研究所 客員教授

開催場所:東北大学電気通信研究所 本館3階(M331レクチャー室)

備考:開催案内


平成28年5月30日

 

各位、

 

東北大学電気通信研究所

ブロードバンド工学研究部門

超ブロードバンド信号処理研究室

教授  尾辻 泰一

 

通研講演会

「テラヘルツ波のヘテロダイン検出および直接検出技術」

「テラヘルツ波デバイスの量子効率におけるプラズモン増強効果」

の開催について

 

拝啓、

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、添付の通り、6月2日(木)に,表記のとおり、通研講演会を開催いたします。

大学院生を主体とした講義形式となっております。

皆様多数ご参集下さいますようご案内申し上げます。

 

                                                                                                                         敬具、

 

日時:2016年6月2日 15:00〜16:30

場所:片平キャンパス 通研本館 3階 M331レクチャー室

 

講演題目:
第I部: 「テラヘルツ波のヘテロダイン検出および直接検出技術」
第II部: 「テラヘルツ波デバイスの量子効率におけるプラズモン増強効果」

 

講師:ミティン ウラジミール(MITIN, Vladimir)通研客員教授

 

講師紹介:Dr. Vladimir Mitin is a Distinguished Professor at the Department of Electrical Engineering, University at Buffalo, the State University of New York, NY, USA. He is a Fellow of IEEE, APS, AAS, IoP, and SPIE. He is now visiting RIEC, Tohoku University, as a Visiting Professor. His research interests include: Nanoelectronic, Microelectric and Optoelectronic Devices and Materials; Transport and Noise in Heterostructures, Quantum Wells and Quantum Wires; Material Characterization; Heat Dissipation in Low-Dimensional Structures and Devices; Particle, Molecular Dynamics, and Monte Carlo Methods of Simulation of Lasers, Photodetectors, Terahertz Generators and Detectors, and Devices Based on Quantum Wells, Quantum Wires and Quantum Dots. He has authored and coauthored more than 240 peer-reviewed scientific journal papers, and holds 14 patents.

 

本件問合せ先:

尾辻 泰一

東北大学電気通信研究所

ブロードバンド工学研究部門

超ブロードバンド信号処理研究室

Phone&Fax: 022-217-6104

Email: otsujiriec.tohoku.ac.jp

開催日時 :
2016年6月2日(木)15:00〜16:30
開催場所 :
東北大学電気通信研究所 本館3階(M331レクチャー室)