東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会(H27/B08)「高次元ニューラルネットワークにおける情報表現の最適化」

日時:平成28年9月12日(月)

場所:東北大学電気通信研究所  ナノ・スピン総合研究棟A401室

 

プ ロ グ ラ ム
9月12日(月)
13:00 – 13:20 廣瀬 明、宇佐美 尚人、Arnab Muhuri, Avik Bhattacharya(東大)
「山岳地帯雪氷マッピングのための四元数ニューラルネットワーク偏波合成開口レーダ処理」
13:20 – 14:20 (招待講演) 山田 功(東工大)
「逆問題のための情報表現と凸最適化に関する2つの話題」
14:35 – 15:05 (招待講演) 山根 敏志(日本IBM)
“Dynamics of reservoir computing at the edge of stability”
15:05 – 15:25 小林 正樹(山梨大)
「対称結合をもつ複素ホップフィールドネットワーク」
15:25 – 15:45 峯本 俊文、礒川 悌次郎、松井 伸之(兵庫県立大)
「四元数ELM」
15:45 – 16:05 上口 大晴、松井 伸之、礒川 悌次郎(兵庫県立大)
「量子ビットニューラルネットワークによるカオス時系列予測」
16:20 – 16:50 (招待講演) 中川 八穂子(日立製作所)
「日立CMOSイジングコンピューティング研究のご紹介」
16:50 – 17:10 新田 徹(産総研)
「複素ニューラルネットワークによるTwo spirals problemの求解」
17:10 – 17:30 黒江 康明(京都工繊大)
「強化学習の高次元化とその応用」
17:30 – 17:50 Eckhard Hitzer(ICU), Robert B. Easter
“Double Conformal Geometric Algebra Surface Representation”
開催日時 :
2016年9月12日(月)13:00~17:50
開催場所 :
東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟A401室