日時:2013年12月19日(木)16:30~17:30
場所:東北大学 電気通信研究所 1号館S棟3階 S305セミナー室
題目:「空間的な相対関係を用いた動作生成」(“Motion synthesis by spatial relationship descriptors”)
講師:幸村琢先生(Dr. Taku Komura)
(Reader, Institute of Perception, Action and Behaviour, School of Informatics , University of Edinburgh, UK. )


【講演案内】 「空間的な相対関係を用いた動作生成」

英国エジンバラ大学の幸村琢先生に,コンピュータアニメーションとシミュレーションに関するご講演をいただきます.

事前の申し込みなどは不要ですので,お気軽にお集まりください.

  • 日時  :2013年12月19日(木)16:30~17:30
  • 場所  :東北大学 電気通信研究所 1号館S棟3階 S305セミナー室
  • 題目  :「空間的な相対関係を用いた動作生成」
  • Title  :“Motion synthesis by spatial relationship descriptors”
  • 講師  :Dr. Taku Komura
                Reader, Institute of Perception, Action and Behaviour, School of Informatics , University of Edinburgh, UK.

概要:コンピュータアニメーションやロボット工学において、体同士が絡み合う、狭い場所を通り抜ける、布やひもを物に巻きつけるといった、体の部分同士や体と他 物体が互いに近づいたり接触したりするような動作の生成は困難である。そのような動作生成の際には空間的な相対関係を記述する表現を用いる必要がある。我々の研究グループでは複雑な動作を生成するために空間的な相対関係に基づく表現方法を提案し、それらを用いた動作の生成を行ってきた。具体的にはGauss Linking Numbersを用いたひもやマルチリンクモデルの結び動作の生成、静電気学の流束を用いた包み動作の生成、Laplacian Coordinatesを用いた相互干渉動作のモーションリターゲティング、medial axisを用いたシーンの分類、認識を行ってきた。本講演ではこれらの表現方法およびそれらの応用について説明する。次に今後の課題として、これらの表現手法を組み合わせることによる任意の動作の動作計画や生成、多数の接触を伴う動作の物理シミュレーション、筋骨格モデルによる動作シミュレーションについて説明する。

 

Abstract:In the area of computer animation and robotics, synthesizing movements such as tangling limbs, passing through constrained environments,wrapping and winding cloth or ropes around objects, are considered as difficult problems. Making use of descriptors based on the spatial relationships is essential for synthesizing such movements. In this talk, I will describe about the research done in our group for synthesizing complex movements by using spatial relationship descriptors.These include synthesizing winding and knotting movements using Gauss linking numbers, synthesizing wrapping movements using electrostatic flux, retargeting movements using Laplacian coordinates, and classifying and recognizing scenes using medial axis. I will then describe about the future work that I am planning to do including motion planning and physical simulation based on these descriptors, physically simulating movements that involve close interactions, and combining such descriptors with musculoskeletal simulations.

 

Biography:Taku Komura is a Reader (Associate Professor) at the Institute of Perception, Action and Behaviour, School of Informatics , University of Edinburgh. As head of the Computer Animation and Robotics group his research has focused on data-driven character animation, physically-based character animation, crowd simulation, cloth animation, anatomy-based modelling and robotics. Recently, his main research interests have been in indexing and animating complex close interactions, which includes character-character interactions and character-object interactions.

問い合わせ先

電気通信研究所 システム・ソフトウェア研究部門 情報コンテンツ研究室

(教授)北村喜文
E-mail: kitamurariec.tohoku.ac.jp

開催日時 :
2013年12月19日(木)16:30~17:30
開催場所 :
東北大学 電気通信研究所 1号館S棟3階 S305セミナー室