人々は抽象的な概念をどのように伝えるのか? たとえば、「間(ま)」。
「間(ま)」は日本文化における非常に重要な概念として、アート(音楽、ダンス、落語など)、建築(例:日本庭園のデザイン)、商業(広告など)に幅広く見出すことができます。
このシンポジウムでは、芸術家や科学者が多数集まり、それぞれの実践の場における「間」についての対話を行います。私たちは、この対話を通じて対人コミュニケーションにおける「間」の役割と、この現象を科学的に研究する方法について考察したいと思います。
演会は英語で行われます。

 

主催: 東北大学電気通信研究所
共催: 東北大学学際科学フロンティア研究所
場所: 東北大学電気通信研究所本館 5 F セミナールーム (M531)

 

 

  12:30~13:00   Registration

  13:00~16:00   Talks

  1. Thinking together about togetherness (please confirm)
    Dr. Asaf Bachrach
    Centre National de la Recherche Scientifique Paris, France
  2. Kongwu (空無, emptiness, nothingness) into performance
    Dr. I-Lien Ho
    National Sun Yat-Sen Univeristy, Kaoshiung, Taiwan
  3. Of things that fall in cracks, gaps and transformations: From
    Anthropology to Advertising
    Dr. John McCreery
    National Tsing-hua University, Taiwan
  4.  

    16:00~16:30   Coffee Break
    16:30~19:20   talks

     

  5. Full of emptiness: How ‘Ma’ is made visible in the classical Japanese garden.
    Dr. Gert Jakobus van Tonder
    Kyoto University
  6. Talking about the Silence In Music
    Dr. Ya-Ting Wang
    Fo-Guang University, Taiwan
  7. Dr. Katsumi Watanabe
    Waseda University, Tokyo, Japan

 

PDFダウンロードはこちらから
問い合わせ先:
Chia-huei Tseng
ma.tohoku[at]gmail.com (atを@に変えてください)