塩入・栗木研究室 荻谷光晴研究員が,(社)映像情報メディア学会「優秀研究発表賞」を受賞

塩入・栗木研究室 研究員の荻谷光晴さんが,第11回平成20年度の(社)映像情報メディア学会 優秀研究発表賞を2008年12月9日に受賞しました.本賞は同学会で開催された研究会で発表された中から優れた研究に与えられるものです.

受賞発表は,2008年3月7日に開催された同学会ヒューマンインフォメーション研究会で発表した内容です(「曖昧な眼間時差が持つ共変性と生成知覚」,荻谷 光晴, 酒井 宏, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.32, No.15, pp.69-72, 2008.).

 

映像情報メディア学会ページ-優秀発表賞受賞者リスト:http://www.ite.or.jp/gaiyo/jusyo7.html

 

問い合わせ先

電気通信研究所
人間情報システム研究部門

高次視覚情報システム研究分野

(研究員)荻谷  光晴

E-mail:ogiyariec.tohoku.ac.jp