後藤広樹さん,大宮達則さん,葛西恵介研究員,吉田真人助教,中沢正隆教授の研究グループは,電子情報通信学会から2008年ELEX Best Paper Awardを受賞することになりました.ELEX (Electronics Express)は,電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティが発行する英文速報電子ジャーナルです.本Awardは,2008年にELEXに掲載された約600件の論文の中から最も優秀なもの1件を表彰するものです.

受賞対象論文は,“Polarization and frequency division multiplexed 1 Gsymbol/s, 64 QAM coherent optical transmission with 8.6 bit/s/Hz spectral efficiency over 160 km” (IEICE Electron. Express, vol. 5, no. 18, pp. 776-781, 2008.)です.本成果は,1 Gsymbol/s, 64 QAMコヒーレント光信号の160 km周波数分割多重伝送により,8.6 bit/s/Hzという高い周波数利用効率を達成することに世界で初めて成功したものです.

授賞式ならびに受賞記念講演は,2009年9月15日から開催される電子情報通信学会ソサイエティ大会において行なわれる予定です.

 

IEICE Electronics Express 受賞紹介のページ:http://www.elex.ieice.org/best_paper.html

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ブロードバンド研究部門
超高速光通信研究分野

(教授)中沢  正隆
TEL: 022-217-5522