中沢正隆教授がNEC C&C財団より「コヒーレント光ファイバ通信システムの高度化に関わる先駆的・先導的貢献」に対して、2013年度C&C賞を受賞することが決定しました。大容量長距離伝送の根幹をなすコヒーレント光通信技術に関して極めて先駆的・先導的な功績をあげ、適応技術の開発と選択を含めて、新技術の有効性を先頭に立って提案・実証してきたことが評価されました。11月27日(水)に表彰式ならびに受賞記念講演が行われます。

 

C&C賞のホームページ : http://www.candc.or.jp/kensyo/2013/2013_prize_cc.html

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ブロードバンド工学研究部門 超高速光通信研究室

(准教授)廣岡   俊彦 TEL:022-217-5525