この賞は、応用物理学会学術講演会において、応用物理学の発展に貢献しうる優秀なポスター講演を行った会員を表彰するものです。

博士前期課程1年の松村亮佑さんは2014年応用物理学会春季学術講演会において発表した「電気刺激によって放出された神経伝達物質グルタミン酸の時間分解計測」の研究成果が認められ受賞しました。

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設
ナノ分子デバイス研究室

(教授)庭野  道夫    TEL:022-217-5501