中沢・廣岡・吉田研究室の別府翔平さんが、光通信に関する世界最大の国際会議Optical Fiber Communication Conference (OFC) 2014において、Outstanding Student Paper Competition Honorable Mentionを受賞しました。この賞は、OFC 2014で発表された学生による341件の論文の中から、最も優れた発表3件に送られるものです。

今回受賞対象となった論文は、「2048 QAM (66 Gbit/s) Single-Carrier Coherent Optical Transmission over 150 km with a Potential SE of 15.3 bit/s/Hz」(S. Beppu, M. Yoshida, K. Kasai, and M. Nakazawa)です。2048という高い変調多値度を達成し15 bit/s/Hzを上回る周波数利用効率を実現した結果が高く評価されました。

 

OFC 2014のホームページ:
http://www.ofcconference.org

本賞に関するホームページ:
http://www.ofcconference.org/home/news-and-press/ofc-nfoec-press-releases/2014-corning-outstanding-student-paper-competition/

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ブロードバンド工学研究部門
超高速光通信(中沢・廣岡・吉田)研究室

(准教授)廣岡    俊彦    TEL:022-217-5525