鬼沢直哉助教, 羽生貴弘教授(羽生研究室)は,非同期式回路とシステムに関する国際シンポジウム(ASYNC2014,2014年5月12-14日開催)において「Best Paper Finalist」を受賞しました.

本賞はASYNC2014において,最優秀論文賞にノミネートされた論文に贈呈される賞であり,日本人初の受賞です.

受賞論文の題目は「A Compact Soft-Error Tolerant Asynchronous TCAM Based on a Transistor/Magnetic-Tunnel-Junction Hybrid Dual-Rail Word Structure」です.

 

問い合わせ先

電気通信研究所    ブレインウェア研究開発施設

脳型LSIシステム研究部    新概念VLSIシステム研究室

(助教)鬼沢    直哉

E-mail : nonizawa m (dot) tohoku (dot) ac (dot) jp