大野研究室の深見俊輔さんが応用物理学会春季学術講演会にて「第36回(2014年春季)応用物理学会講演奨励賞」を受賞しました.

応用物理学会講演奨励賞は,春季及び秋季の学術講演会において,応用物理学の視点から極めて価値のある一般講演論文を発表した若手会員に授与し,これを称えることを目的としています.

講演題目は「電流誘起磁壁移動素子のしきい電流と熱安定性の素子サイズ依存性」でした。

 

公益社団法人応用物理学会:http://www.jsap.or.jp/activities/award/lecture/dai36kai.html 

 

問い合わせ先

電気通信研究所   

ナノ・スピン実験施設    

半導体スピントロニクス研究室

(教授)大野    英男    

TEL:022-217-5553