大野研究室のSamik Duttaguptaさん(D2)が2014年秋季応用物理学会学術講演会において行った講演が第2回英語講演奨励賞に選ばれました。
本賞は英語で優れた口頭発表を行った学生を対象に贈られるもので、春季応用物理学会開催中の3月13日に表彰式が行われました。
講演題目は“Current and field induced domain wall creep in Ta/CoFeB/MgO/Tawire”でした。

 

スピントロニクス研究会:http://annex.jsap.or.jp/spintro/

 

問い合わせ先

電気通信研究所 ナノ・スピン実験施設 半導体スピントロニクス研究室

(助教)金井 駿 TEL:022-217-5554