大野教授(電気通信研究所長、スピントロニクス学術連携研究教育センター長、省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター長、原子分子材料科学高等研究機構主任研究者、国際集積エレクトロニクス研究開発センター教授)が第13回江崎玲於奈賞を受賞することが決定しました。

 

江崎玲於奈賞は、日本国内の研究機関においてナノサイエンスあるいはナノテクノロジーに関する研究に携わり、世界的に評価を受ける顕著な研究業績を挙げた研究者に授与されるものです。

 

今回の受賞は大野教授の「強磁性物質におけるスピンの電気的制御と素子応用に関する先導的研究」に関する研究業績が高く評価されたものです。

 

授賞式は11月22日(火)に行われる予定です。

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設

スピントロニクス研究室

准教授   深見俊輔

TEL: 022-217-5555