2016年11月21日~22日に北海道大学で開催された38th International Symposium on Dry Process (DPS2016)において、大野教授、深見准教授らによる”Plasma process induced physical damages on multilayered magnetic films for magnetic domain wall motion”がDPS Paper Awardを受賞しました。

この賞は本国際会議で発表されJapanese Journal of Applied Physics誌の特集号に掲載された過去3年分の論文のうち、特に優れたものを表彰するものです。

 

DPS2016:http://www.dry-process.org/2016/index.html

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設  スピントロニクス研究室

(助教)金井  駿
TEL:022-217-5554