電気通信研究所 情報コンテンツ研究室(北村・高嶋研究室)の市川将太郎さん,大西悠貴さん,林大悟さん,海老晃行さん(M1),遠藤勇さん,鈴木蒼生さん,庭野杏莉さん(B4)がIVRC2018で2件の協賛企業賞(Unity賞とドスパラ賞)を受賞しました.

 

IVRC(国際学生対抗VRコンテスト)は1993年から開催されている学生が企画・製作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを競うコンテストです.

 

本年は115件の投稿があり,9月に書類審査を通過した22件による予選大会が行われました.決勝大会には予選通過した一般学生部門10件に,ユース部門4件,Laval virtual学生コンテストからのシード作品を加えた15作品が出展され,協賛企業のうち8社から協賛企業賞が贈られました.

 

魚釣りの「餌」になるユニークなテーマをハンモックを用いた海中を泳ぐ感覚の再現や,「魚に食べられる」感覚の提示に加え,ゲームエンジンUnity内で作成したバーチャルな海中の演出のクオリティや,UXを意識したオペレーションなどの完成度が高く評価されたようです.

 

賞に関する詳細情報:IVRC 2018
          IVRC2018の審査結果

 

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
人間情報システム研究部門
情報コンテンツ研究室
TEL:022-217-5540