深見准教授研のWilliam A. Bordersさんが筆頭著者の論文が第41回(2019年度)応用物理学会優秀論文賞を受賞することになりました。
この賞は、応用物理学の進歩向上に寄与する優秀な原著論文を執筆した者に贈られるもので、本年9月の秋季学術講演会(北海道大学)の会期中に開催される授賞式で賞状と記念メダルが授与され、あわせて受賞記念講演も予定されています。受賞した論文題目は「Analogue spin–orbit torque device for artificial-neural-network-based associative memory operation」(Applied Physics Express vol. 10, 2017)でした。

 

賞に関する詳細情報:第41回(2019年度)応用物理学会論文賞 受賞者

 

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
情報デバイス研究部門
スピントロニクス研究室
(准教授)深見 俊輔
TEL:022-217-5554