茨城県の高校生が大野英男教授の研究室を見学しました

 

大野英男教授の第13回江崎玲於奈賞受賞をきっかけに、同賞を主催する一般財団法人茨城県科学技術振興財団の主催により、12月17日(土)に「高校生による第13回江崎玲於奈賞受賞者研究室の見学会」が開催され、茨城県の高校生7名と高等学校教員2名、茨城県教育庁高校教育課指導主事ほかが本研究所 スピントロニクス(大野・深見)研究室の見学に来訪しました。

 

大野教授による研究紹介「スピントロニクス ―省エネ社会の実現に向けて―」を受講するほか、大野教授を囲んでの会食、ナノ・スピン実験施設にある実験設備及び研究室見学を行いました。参加した高校生からも活発な質問が寄せられ、予定時間を上回る充実した見学会となりました。

 

a実験設備(クリーンルーム)見学

 

 

b研究室見学

(測定装置の金額を聞いて思わずのぞき込む)

 

 

c研究室見学

(世界初の「磁石を使った人工知能」の説明)

 

 

d質疑応答

 

 

e f

【問い合わせ先】

電気通信研究所 大野・深見研究室 tel.022-217-5553