「移動ネットワーク」の監視・管理のための基盤技術 NEMO-MIB の世界初の開発と国際標準化に成功

東北大学電気通信研究所の白鳥則郎教授らのグループは,総務省SCOPEプロジェクトの支援を受け,(株)サイバー・ソリューションズ(仙台市)との共同研究で,次世代ユビキタスネットワークにおいて新しく登場する「移動ネットワーク」の監視・管理のための心臓部となる基盤技術「NEMO MIB (Network Mobility Management Information Base)」を世界に先駆けて開発した.さらに2009年4月14日にインターネットの国際標準化組織(IETF)の認定を受け,同技術を国際標準規格とすることに成功した.
プレス発表のお知らせ

 

問い合わせ先

電気通信研究所
システム・ソフトウェア研究部門

コミュニケーションネットワーク分野

(准教授) 菅沼  拓夫

TEL:022-217-5081