教授北村 喜文

准教授高嶋 和毅

助教藤田 和之

高嶋和毅  北村喜文   

研究室紹介動画

研究活動

人々が快適に、または効率的・直感的に作業をしたり、円滑かつ豊かなコミュニケーションを実現するために、人と空間、そしてこれらと情報技術とのインタラクションを考慮して、インタラクティブコンテンツに関する研究を進めています。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ

 

インタラクティブコンテンツ設計研究分野|北村教授

電化製品をはじめとして、家庭やオフィスなどでもさまざまなモノが知能化されつつあります。これらはさらに、ネットワーク化されたビルやホームシステム、またIoTの普及と相まって、部屋など身の回りの環境や空間全体を情報化・知能化しつつあります。その流れは、家具や什器など、これまで自動化や知能化があまり進んでいなかった対象にも及ぶようになり、近未来には、全体として人の快適で便利な生活を支えるようになるだろうと思われます。そのため、今、家具や什器の自動化や知能化とともに、これらを含む空間全体と人との良好な関係を考えることは喫緊の課題となっています。
私たちは、コンピュータで直接扱えるようにデジタル化されているものだけでなく、身の回りのあらゆるものをコンテンツと捉え、これらを活用して人々が快適に、または効率的・直感的に作業をしたり、円滑かつ豊かなコミュニケーションができるようにするために、人と空間(およびその構成物)のインタラクションを考慮して、インタラクティブコンテンツに関する研究を進めています。

研究テーマ

  • 動的・適応型空間ユーザインタフェース
    複数の人が作業を行うオフィスなどの快適性や作業の質・効率は、空間デザインや什器の配置などによって大きく変わります。また、その場自体の状態がダイナミックに変化するという特徴もあります。そこで、人の活動にダイナミックに対応して支援する、動的・適応型空間ユーザインタフェースシステムの設計・試作・評価に関する研究を進めています
  • インタラクティブなコンテンツの可視化
    創発の考え方によるアルゴリズムを利用して、さまざまなコンテンツ群を状況に応じて動的に、そしてインタラクティブに表示する新しい手法を提案し、その応用に関する研究を各方面との共同研究で進めています
  • 3次元モーションセンシングとインタラクション
    人の細かい手作業や小動物の長時間の複雑な運動など、従来技術では難しかった運動計測を可能とする新しい3次元モーションセンサを所内の共同研究で提案し、さらにそれを活かして3次元インタラクションの新しい可能性を切り開く研究を進めています
  • ブロック型ユーザインタフェース
    各種のセンサ等を組み込んだ電子的な積木を考案・試作し、子供の遊び方を機械学習などを利用して分析・解析して可視化するなどの研究を進めています
  • 運動学に基づくインタラクション技術
    オブジェクト探索・選択やスクロールなどの基礎的なインタラクションについて、運動学や実世界のメタファを導入してより効果的な手法を検討する研究を進めています
  • ドローンを活用する新しいインタラクティブコンテンツ
    ドローンの操縦には十分な技能を必要とします。そこで、第一人称視点映像と第三人称視点の両方を的確に連携させながら提示する手法を活用して、パイロットの操縦を支援するユーザインタフェースと共有・配信技術を開発し、エンタテインメント応用など新しいサービスへの道を切り開く研究などを進めています