教授北村 喜文

助教高嶋 和毅

高嶋和毅  北村喜文   

研究室紹介動画

研究活動

人々が快適に、または効率的・直感的に作業をしたり、円滑かつ豊かなコミュニケーションを実現するために、人と空間、そしてこれらと情報技術とのインタラクションを考慮して、インタラクティブコンテンツに関する研究を進めています。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ

インタラクティブコンテンツ設計研究分野|北村教授

コンテンツはディスプレイ装置などの出力装置を介して人に提示され、また人は何らかの意図などを入力装置を介してコンピュータに与えることによって、コンテンツをより深く楽しんだり利用したりすることができます。このようなコンピュータ上のコンテンツと人の間のインタラクションを経ることによって、人は満足感や幸福感をより高めることができます。
さらに、コンテンツは必ずしも1人で楽しむものではなく、皆で一緒に楽しむ事も多くあります。このような場合には、複数の人がいる「場」やそれによって形成される「空気」といったものも考慮する必要があります。良いコンテンツは「場」を和ませ、それによっても人は親密になったり、良い影響を受けることも多いにあると考えられるからです。そこで私たちは、人、コンピュータ上のコンテンツ、入出力装置やインタラクションに加えて、それらを取り巻く「場」や「空気」までも考慮して、インタラクティブコンテンツに関する研究を進めています。
また、このようなデジタル型のコンテンツに限らず、従来型のアナログコンテンツでも、さまざまな工夫でインタラクティブ性を付加して、コンテンツとしての魅力を増そうとする試みも見られます。私たちは、このように幅の広いインタラクティブコンテンツの

  • 創る、使う、便利にするための技術を考える
  • 人との関係を考える
  • 世の中で活用してもらう方法を考える

などの研究を進めています。

研究テーマ

  • 動的・適応型空間ユーザインタフェース
    コンピュータの上のコンテンツ、それを見たり使ったりする人々、そしてこれらを取り巻く空間を含めて考え、これらの間のさまざまな関係に注目して、人々の作業に動的にかつ適応できる空間ユーザインタフェースの研究
  • インタラクティブなコンテンツの可視化
    創発の考え方によるアルゴリズムを利用して、さまざまなコンテンツを状況に応じて動的に、そしてインタラクティブに表示する新しい手法とその応用に関する研究
  • 3次元モーションセンシングとインタラクション
    新しい3次元モーションセンサと提案と、3次元インタラクションの新しい可能性を切り開く研究
  • ブロック型ユーザインタフェース
    各種のセンサ等を組み込んだ電子的な積木を考案・試作し、遊び方を可視化したり、機械学習などを利用して自動的に分析・解析するなどの研究
  • 運動学に基づくインタラクション技術
    オブジェクト探索・選択やスクロールなどの基本インタラクションについて、運動学や実世界のメタファを導入して、新しい手法を提案する研究