教授村岡 裕明

准教授Simon John Greaves

村岡裕明 Simon John Greaves

研究活動

本研究分野では大容量情報を蓄積する情報ストレージ技術に関する研究を行っている。近年、インターネットから無線通信に至る幅広い分野で映像や音声などの大容量マルチメディア情報が普及しており、情報ストレージのさらなる高密度化が強く求められている。この中心的な技術が磁気記録技術で、高速データ転送と高密度大容量を特長として、ハードディスク装置や磁気テープ装置に広く用いられている。本分野では、高密度磁気ストレージの実現のために本所で発明された垂直磁気記録を用いる記録方式、デバイス、さらにはシステムまでの広範な研究を行っている。 1 ビットの面積が 10 ナノメータ四方以下という次世代の高速高密度情報ストレージ(テラビットストレージ)とそれを用いる高速省電力超大規模ストレージシステムの実現を目標にしている。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ


大規模ストレージシステム研究分野|村岡教授

単磁極型記録ヘッドと垂直ディスクの研究を行い、実際にこれらを組み合わせた高密度記録再生の実験的検討(図1)を踏まえて性能向上に取り組んでいる。また、単体の装置を超える超大容量システムとして、ネットワーク上に分散するストレージを組み合わせて高速性と大容量性を引き出す分散ストレージ(図2)の研究も進めている。

研究テーマ

  • 次世代超高密度ハードディスクドライブに関する研究
  • 磁気ストレージに用いるヘッドディスクの研究
  • 高密度ストレージのためのディジタル信号処理に関する研究
  • 大容量ファイルの分散ストレージに関する研究

記録理論コンピューテーション研究分野|Greaves准教授

マイクロマグネティックス理論に基づきスーパーコンピュータを用いるコンピュータシミュレーションを駆使して高密度ストレージ方式の記録機構の研究を行っている。

研究テーマ

  • 高密度記録再生機構のコンピュータシミュレーションによる研究

図1 単磁極型記録ヘッドと垂直ディスクを用いた記録再生特性の測定
図2 多数の並列 HDDにより構成される大規模ストレージシステム