准教授深見 俊輔

助教金井 駿

助教Justin Llandro

助教張超亮

Justin Llandro(左)   深見俊輔(右)

研究室紹介動画

研究活動

固体中の電荷やスピンの状態を制御し工学的に応用するために、新しい材料・構造の開発とそのスピン物性の理解、及びスピントロニクス素子応用に関する研究を行っている。さらに、不揮発性により集積回路や人工知能用ハードウェアを高機能、低消費電力にするスピントロニクス素子の研究開発を進めている。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ

ナノスピン材料デバイス研究分野|深見准教授

高性能低消費電力スピントロニクス集積回路の実現を目指し、電流によるナノ磁性素子の高速磁化反転技術の構築、及びそのための材料開発や磁化ダイナミクスの理解を促進することを目指している。またスピントロニクス素子を用いた新しいアプリケーションの開拓に取り組んでいる。

研究テーマ

  • ナノ磁性体中の磁区や磁壁のダイナミクスに関する研究
  • スピン・軌道相互作用を用いた磁化の制御に関する研究
  • 高性能スピントロニクスメモリ素子の開発

電界による磁気パラメータの変調による磁区構造の変化の観測
アナログスピントロニクス素子をシナプスとして用いた人工神経回路網による脳型コンピューティングの原理実証