教授大野 英男

准教授深見 俊輔

助教金井 駿

助教Justin Llandro

研究員五十嵐 忠二

研究員後藤 和彦

(前列)金井駿 大野英男 深見俊輔
(後列)五十嵐忠二 Justin Llandro 後藤和彦

研究室紹介動画

研究活動

固体中の電子やスピンの状態を制御し工学的に応用するために、新しい材料・構造の開発とそのスピン物性の理解、及びそれらのスピントロニクス素子への応用に関する研究を行っている。さらに、不揮発性によりエレクトロニクスの高機能化、低消費電力化が期待されるスピントロニクス素子、及びスピントロニクス集積回路技術の研究開発を行っている。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ

スピン機能工学研究分野|大野教授

固体中のスピンと電荷の自由度を使った省エネルギかつ高機能なスピントロニクス素子への応用と、それにより可能となる新しい論理集積回路及び情報通信処理システムの実現を目的として、磁性半導体・金属におけるスピンに関連した物理、及びそれを利用した新規スピン機能材料・素子の創生に関する研究を行っている。具体的には、極微細磁気トンネル接合素子の開発と特性理解、電流や電界を用いた革新的磁化制御技術、分子線エピタキシやスパッタリング法を用いた新規スピントロニクス材料の開発などを進めている。

研究テーマ

  • スピントロニクスに関する研究
  • スピントロニクス材料における電子・光・スピン物性とその応用に関する研究
  • 磁性半導体およびその量子構造の物性と応用に関する研究
  • 金属磁性体の磁化の制御とその機能素子応用に関する研究
  • 金属磁性体素子とそのメモリ・論理集積回路への応用に関する研究

ナノスピン材料デバイス研究分野|深見准教授

高性能低消費電力スピントロニクス集積回路の実現を目指し、電流によるナノ磁性素子の高速磁化反転技術の構築、及びそのための材料開発や磁化ダイナミクスの理解を促進することを目指している。またスピントロニクス素子を用いた新しいアプリケーションの開拓に取り組んでいる。

研究テーマ

  • ナノ磁性体中の磁区や磁壁のダイナミクスに関する研究
  • スピン・軌道相互作用を用いた磁化の制御に関する研究
  • 高性能スピントロニクスメモリ素子の開発
電界による磁化制御を応用した、世界最小の電力で動作するスピンメモリ素子
アナログ的に動作する反強磁性体を用いたスピンメモリ素子