教授(兼)塩入 諭

ユーザをネットワークに接続するアクセス回線技術としてのモバイルワイヤレス通信技術は、光ファイバによる超高速バックボーンネットワークとともに、ICT 社会の根幹を支える情報基盤技術である。世界の移動通信のリーダシップを担うわが国の移動通信技術は、日本経済を支える原動力としてますます発展する必要がある。

IT-21 センター・モバイル分野では、発足以来、国内移動体通信機メーカーや第一種通信事業者との産学連携プロジェクトにより、広域通信と高速・大容量通信を両立し、かつ大規模災害時においても安定した通信回線の提供を可能とするディペンダブル・エアの研究開発を行ってきた。

これまでに、(1)324Mbit/s 5GHz 帯無線 LAN 端末の開発、(2)ハイビジョン非圧縮伝送超小型 3D SiP(三次元システム・イン・パッケージ)ミリ波無線端末の開発を行い、また、(3)広域モバイルブロードバンドワイヤレスアクセス(MBWA)実証実験により、自動車移動中のシームレスハンドオーバ、無線 LAN と MBWA との異種ネットワーク間シームレスシステムハンドオーバを成功させてきた。さらに、これらの地上系無線通信方式のみならず準天頂衛星システムなどの衛星通信方式を融合することで無線通信ネットワークのディペンダビリティを実現させる提案を行ってきた。

平成27年からは、産学連携プロジェクトである JST A-STEP「低炭素社会に貢献する情報通信用高効率送信電力増幅モジュールの開発」を行っている。さらに、わが国の移動通信技術の更なる飛躍を図るとともに、開発実用化技術による東北地区でのベンチャー企業設立など地域振興へ貢献する。

研究テーマ

  • ディペンダブル・エアのためのブロードバンド無線通信・ネットワーク技術に関する研究
  • 低炭素社会に貢献する情報通信用高効率送信電力増幅モジュールに関する研究

Fig.1 5GHz 帯 324Mbit/s 無線 LAN 端末
Fig.2 ハイビジョン非圧縮伝送超小型 3D SiP ミリ波無線端末
Fig.3 MBWA 実証実験(基地局設備)
Fig.4 ディペンダブル・エア