電気通信研究所の幅広い研究ポテンシャルを生かし、萌芽的・挑戦的な研究や市場のニーズに応じた先端応用研究等を行う、研究所の組織にとらわれず機動的に構成される研究グループである。

多感覚注意研究グループ

塩入  諭(代表)
鈴木 陽一
坂本 修一
松宮 一道

 

視野の特定の場所に向ける視覚的注意には範囲があることが、また聴覚刺激や触覚刺激に対しても同様の注意効果が知られている。本研究では、それらの注意を統一的に理解するために、定常的視覚(あるいは聴覚/触覚)誘発脳波を利用した同一の実験手続きで、単一感覚および多感覚の注意を計測し、そのモデル化について検討する。

次世代窒化物半導体電子デバイス研究グループ

末光 哲也(代表)
松岡 隆志
谷川 智之
木村 健司

 

窒化物半導体を用いたトランジスタは、高速通信システムのみならず自動車用インバーター等、種々の電子回路の省電力化をもたらす可能性を秘めている。これらを実現するために、金研で培ってきた革新的な窒化物半導体材料・結晶成長技術と、通研の電子デバイス技術を融合させることによって、電力利用効率を高める新しい高速・高出力トランジスタの実現を目指す。

 

ヨッタインフォマティクス研究グループ

村岡 裕明(代表)
行場 次朗
鈴木 陽一
塩入  諭
末松 憲治
羽生 貴弘
Simon Greaves
廣岡 俊彦
遠藤 哲郎
大町真一郎
斉藤  伸
中尾 光之
加藤  寧
乾 健太郎
木下 賢吾
本間 尚文
小林 広明
松倉 文礼
吉信 達夫
佐倉 由泰
小泉 政利
原   塑
芳賀 京子
村上 祐子
照井 伸彦
松田 安昌
石垣  司
二瓶真理子

 

情報化社会の進展により情報量は急激に増大しており、2030年には1ヨッタバイト(1兆バイトの1兆倍)に達すると予測される。情報の質を取り扱うため、文理連携研究によって情報の「質」と「価値」を扱う科学を構築して次世代ICTのための科学技術によって情報の巨大化による技術限界を克服する。

 

サイバーフィジカルセキュリティ研究グループ

本間 尚文(代表)
菅沼 拓夫
羽生 貴弘
大堀  淳

 

IoTM2MCPSといった次世代情報通信基盤のため、ソフトウェア構成理論、システムセキュリティ、ハードウェアセキュリティ、回路アーキテクチャおよび次世代プロセッサを専門とする研究者による垂直統合的なアプローチにより、膨大かつ多様な情報発生源(センサ端末などのデバイスハードウェア)のレベルからシステムの安全性・信頼性を担保する情報セキュリティ技術の確立を目指す。

脳型ナノデバイス・回路研究グループ

堀尾 喜彦(代表)
佐藤 茂雄
秋間 学尚
大野 英男
深見 俊輔
羽生 貴弘
夏井 雅典
平野 愛弓
山本 英明

 

近年、脳型ハードウェアの研究が盛んであるが、未だ真の脳型には程遠く、大きなブレークスルーには至っていない。そこで、脳の最新の生理学的知見に基づき、特に脳における生物物理やダイナミクスを、ナノデバイスや微細低消費電力集積回路の物理とダイナミクスを活用して再現する、新しい脳型情報処理アーキテクチャの開発とその集積回路による実装を目指す。

 

Wireless IoT実現に向けた機動的研究グループ

末松 憲治(代表)
羽生 貴弘
石山 和志
本間 尚文
加藤 寧

 

本格的なIoT時代においては、現在と比較にならないほど高密度な状態で、モノ(Things)が無線を介してネットワークに繋がることとなる。本研究グループは、⼲渉が少なく超⾼速通信が可能なミリ波・サブミリ波帯を利⽤し、リアルタイムで多数のモノをつなぐラスト・ワン・メートル通信を構築する先端Wireless IoTの概念を中⼼に、その実現に向けて必要となる技術を含め、議論・検討する。これにより、超⼩型化・超低消費電⼒で、⼈体への装着も含め、あらゆるモノに搭載可能なデバイス/システムを実現し、安全・安⼼のIoT社会の実現を⽬指す。