平成29年度の共同プロジェクト研究は、所内外から公募され審議の結果次の 127 件(A: 77 件、B: 46 件、S: 4 件)が採択された。なお、区分Aは各々の研究課題について行う研究であり、77 件のうち 57 件が外部よりの提案、区分Bは短期開催の研究会形式の研究で、46 件のうち 26 件が外部よりの提案のものである。また、民間の研究者が参加している研究は、区分 A の 10 件、区分 B の 19 件である。区分 A と区分 B に対して、大型プロジェクト提案型、若手研究者対象型、萌芽的研究支援型、先端的研究推進型、国際共同研究推進型、産学共同研究推進型の6つの研究タイプを設けている。
 区分Sは、情報通信分野において特に力点を置いて研究を推進すべき技術・システム上の課題について、本研究所が中心となりつつ、相乗効果や補完効果の期待できる他大学附置研究所等の研究組織とネットワークを構築し、研究を共同で推進する組織間連携プロジェクトである。

平成28年度実績

採択件数110件(A:69件、B:37件、S:4件)
※区分Aと区分Bに対する6つのタイプの採択件数の内訳は以下の通りである(重複を含む)。

 

研究者数1,266名(A:591名、B:513名、S:162名)
国際共同研究推進型:29件
萌芽型研究支援型:44件
若手研究者対象型:16件
先端的研究推進型:52件
大型プロジェクト提案型:8件
産学共同研究推進型:13件
その他:3件

共同プロジェクト研究の公募、実施について

 共同プロジェクト研究の公募、実施は年度単位で行われている。例年、研究の公募は、1月中旬に来年度の研究の公募要項の公開、2月25日前後が申請書の提案締切となっており、採否の判定には共同プロジェクト選考委員会による書面審査を行い、その結果は4月中旬頃に申請者へ通知される。研究期間は、採択決定から翌年3月15日までであり、研究終了後、共同プロジェクト研究報告書を提出して頂くことになっている。なお、前述の「理念と概要」の項で述べたように、本共同プロジェクト研究は本研究所教員との共同研究を前提としたものであるので、申請にあたっては本研究所の対応教員がいることが必要である。
 なお、本共同プロジェクト研究については、次の web page にて広報している。

 

http://www.riec.tohoku.ac.jp/ja/nation_wide/koubo/
問い合わせ先:東北大学電気通信研究所研究協力係
電話:022-217-5422

平成29年度通研共同プロジェクト研究採択一覧

  1. プラズマナノバイオ・医療の基盤確立
  2. 原子層制御プラズマCVD を駆使したIV 族半導体量子ヘテロ構造形成と電子物性制御
  3. オペランド顕微分光を用いた次世代デバイス研究
  4. 量子情報通信のための革新的量子光源の開発
  5. 単一金属ナノ構造体の微細形状制御と光物性
  6. 位相雑音特性に着目した共鳴トンネルTHz信号源の研究
  7. フルコヒーレントアクセス方式を実現するための光-無線周波数変換方式に関する研究
  8. M2M(Machine to machine)伝搬環境改善のためのメタマテリアルおよびリフレクトアレー応用に関する研究
  9. 生理指標に基づくSDN型ネットワーキングシステムの実証的研究
  10. 自己身体情報が外部環境把握に与える影響に関する研究
  11. モノーラル音の知覚と頭部伝達関数の関係に関する研究
  12. 災害経験をかたりつぐICTに関する対話型・実践型研究
  13. 感覚情報間の同期性の判断がコンテンツの臨場感・迫真性に 与える影響に関する検討
  14. 話者映像が音声刺激の系列再生に及ぼす影響
  15. ファイバーネットワークを用いた地震・津波・地殻変動の計測技術に関する研究
  16. 脳型計算用ハードウェア技術
  17. 共生コンピューティングのためのマルチモーダル・エージェントフレームワークに関する研究
  18. 多様化する情報ネットワークのための知識獲得・活用に関する研究
  19. スマートコミュニティ構築のためのシステムアーキテクチャと基盤技術の開発
  20. ユビキタスシステムの実世界導入に向けた実証的研究
  21. 嗅覚を含むマルチモーダル情報処理過程に関する研究
  22. ナノスケール材料の相変化現象の探索と光電子デバイス応用
  23. フィールドプレート付InGaAs HEMTを用いた電力増幅器高効率化の研究
  24. Si-Ge系ナノ構造制御による室温エレクトロルミネッセンス
  25. 超伝導検出器と読出回路の高性能化に関する研究
  26. 半導体中の局在電子分極における局所電場効果に関する研究
  27. キラルナノ導波路に結合される量子エミッター
  28. ブレインウェアのアーキテクチャの研究
  29. 知的創造活動の支援ツール開発のための定量的評価指標の検討
  30. 人工知能技術を利用した音源分離システムの構築
  31. 音声の感性情報から人間の認知・行動を制御する通信システムの研究
  32. 視覚モデル構築のための協調的環境実現に関する研究
  33. 耐災害性・耐障害性の自律検証機能を有する広域分散プラットフォームの国際展開
  34. グラフェンを中心とする二次元原子薄膜ヘテロ構造のテラヘルツ応用に関する日米共同研究
  35. スピン軌道相互作用の電気的制御による磁化・スピンダイナミクス操作に関する研究
  36. 逆磁歪効果を利用したアモルファス磁歪薄膜の磁気異方性誘導技術とその応用に関する研究
  37. 確率的誤差拡散を用いた高ダイナミックレンジ画像の表示技術
  38. デザイン学の手法に基づく3次元インタラクティブ技術の日常的なジェスチャを活用したヒューマンコンピュータインタラクションへの応用
  39. 超高精細全天映像と超高精細全天音声を使った超臨場感空間の再現
  40. 多数生体信号の分析により異常の予測と検索
  41. 次世代IoTプラットフォームを支える知的ネットワークセキュリティ技術
  42. 磁性体/半導体ハイブリッド構造の形成とナノデバイスへの応用に関する研究
  43. 低損失フレキシブル・メタマテリアルの開発
  44. 走査型非線形誘電率顕微法による層構造誘電デバイスの構造評価
  45. 超高感度核スピン計測で探るスピントロニクス材料のナノ物性
  46. 原子層物質を用いた高性能光電子集積デバイスの開発
  47. 超伝導光子検出器アレイを用いた革新的光計測及び量子情報通信技術の開発
  48. 単結晶グラフェンのデバイス化の研究
  49. 新IV族半導体ナノ構造の原子層制御とデバイス高性能化に関する研究
  50. 各種high-k/Ge構造において成膜後プロセスがもたらす効果の検討
  51. Development of graphene based devices for terahertz applications
  52. Theoretical Study of Nonequilibrium Dynamics of Electrons and Plasmons in Two-Dimensional Electron Systems
  53. QZSS高精度位置・時刻情報を用いたMassive Connect IoTの研究
  54. ダイレクトディジタルRF送受信機の研究
  55. 深層学習を用いた3次元動作解析、生成の研究、およびHCIへの応用
  56. 集団脳波に基づく視聴覚コンテンツ評価に関する研究
  57. 色名に関する文化差および個人差の研究
  58. 半導体微細加工と脂質二分子膜の機能融合に基づく高感度・高精度イオンチャネルセンシングの創成
  59. 屋外拡声システム開発のための音声了解度評価とその推定に関する研究
  60. 協調作業における視線情報の可視化
  61. 包囲型スピーカアレイと音空間レンダリングによるオブジェクトベース オーディオの試み
  62. 非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究
  63. 多感覚音空間知覚の時間特性に関する研究
  64. Immersive experience of virtual auditory environment: investigating influence of physical parameters of height ambiences
  65. Mind and environment interface: Human attention in the brain
  66. The effect of attention on the integration of image components in the human visual system
  67. Social communication: behavioral and brain representations
  68. 人・機械連携型IoTにおける次世代データ流通処理基盤
  69. 耳介の3次元形状と音響伝達特性の音源方位依存性に関する研究
  70. 新世代IoTプラットフォームの開発に関する研究
  71. 実世界に展開するソーシャルネットワーキングサービスの研究
  72. 強磁場中で連続かつ低ヒステリシス特性を有する高周波キャリア 型薄膜磁界センサの研究
  73. 圧電薄膜BFOを用いたMEMSと無線通信技術
  74. 酸化チタンナノチューブ型高感度ガスセンサの開発研究
  75. 大脳皮質のネットワーク構造と機能表現の関係の解明
  76. ミニマルブレインの理解と再構築
  77. Creative Application of 3D Magnetic Motion Tracking System to Music: the CubeHarmonic
  78. プラズマ流中マルチスケール構造形成による新規反応場の開拓
  79. 量子測定の物理と情報通信
  80. 固体中のスピン・ダイナミクスの物理と応用
  81. 無線通信端末性能への広帯域不要電波の影響評価法に関する研究
  82. 科学の客観性と人間性との調和を目指す科学教育のあり方と実施方法
    -現代科学の問題点と人類の未来のために-
  83. 脳内の並列情報処理
  84. 高次元ニューラルネットワークにおける情報表現の最適化
  85. 酸化物表面の新機能創成とナノ・デバイスへの応用
  86. メディア技術の高機能化に関する研究
  87. 電荷とスピンの制御に基づく精密物性科学の構築とデバイス応用
  88. 荷電現象がもたらす微粒子-流体混成系の多様性と機能性
  89. 視覚的な物体質感の認知メカニズムに関する研究
  90. 人と空間と情報技術に関する研究
  91. 数学の形式化への論理学的アプローチ
  92. 産業的プログラミング言語開発とプログラミング言語基盤研究の技術融合
  93. マイクロ波およびレーザ応用合成開口レーダの実用化研究
  94. HCIの特徴を活かした次世代型学術コミュニティの確立
  95. 磁気光学効果を利用した磁界計測システム
  96. アジアにおけるHCI研究の活性化
  97. 眼球運動を伴う視覚処理機構に関する研究
  98. 化学センサを応用したマルチパラメータ測定デバイス研究
  99. 情報の質と価値を扱う科学技術の創造
  100. 汎用超小型ジンバルの開発とそのアプリケーションの研究
  101. 高性能圧電材料の開発と通信・計測デバイスへの応用
  102. 磁性材料の微細構造の観察および制御を通じた次世代通信機器用磁気デバイスの研究
  103. 高効率エネルギー利用に資する半導体デバイスとその集積システムに関する研究
  104. 第一原理ナノ構造設計手法の開発
  105. ナノ材料とシリコン技術の融合による新概念デバイスとその新概念情報処理応用に関する研究
  106. IoT 時代におけるスマートスペクトラムとその応用
  107. 無線IoTを実現するための先端的高周波回路技術とそのシステム応用
  108. 光波とマイクロ波をシームレスに繋ぐフルコヒーレント通信・計測システムに関する研究
  109. 人の三次元的身体的な行動解析に基づいた空間型ユーザインタフェース
  110. インタラクティブコンテンツの新展開
  111. 自己運動知覚を含む多感覚統合
  112. Search Science: an interdisciplinary endeavor
  113. 超並列計算を表現する宣言的な枠組の構築とそれを実現する言語の研究開発
  114. コトロジー創成:生き物の多様な行動を生み出すミニマルセットを探る
  115. 新規固体デバイス・回路を用いた脳型コンピューティングに関する研究
  116. セキュリティハードウェアの電磁波解析に関する研究
  117. 脳型LSIとその応用 国際共同研究
  118. 先端的ハードウェアセキュリティ技術に関する研究
  119. 電磁情報セキュリティに関する研究
  120. 産学連携による半導体技術の新たな展開と応用
  121. カラスの行動制御のための広域音声システムの開発
  122. エンタメドローン研究会〜エンタティンメント分野へのドローンの活用と興行化へ向けた課題抽出および、その技術的解決手段の検討@EC2017
  123. 脳型システム実現に向けた非同期ストカスティック演算の研究
  124. 大規模データ処理に基づく対話的知識創発を通じた共感計算機構
  125. コヒーレント波に基づく学際的先端科学技術の創成
  126. ナノエレクトロニクスに関する連携研究
  127. デザイン学に基づく電気通信システムの革新