情報コンテンツ研究室

研究室HP

[ 教授 ] 北村 喜文 
[ 准教授 ] 高嶋 和毅
[ 助教 ] 藤田 和之
[ 助教 ] 池松 香

研究活動

IoTの普及と相まって、部屋など身の回りの環境や空間全体を情報化・知能化しつつある。その流れは、家具や什器など、これまで知能化があまり進んでいなかった対象にも及ぶようになり、これらを含む空間全体と人との良好な関係を考えることは喫緊の課題となっている。私たちは、デジタル化されているものだけでなく、身の回りのあらゆるものをコンテンツと捉え、これらを活用することで、人々の生活、作業、コミュニケーションをより快適で豊かなものにするインタラクティブコンテンツの研究を進めている。

インタラクティブコンテンツ研究分野|北村教授

バーチャルリアリティを始めとして、様々な3次元コンテンツに必要なモーショントラッキングシステムの開発や、多次元大量情報コンテンツを効果的に扱うためのユーザインタフェース技術等に幅広く取り組んでいる。

研究テーマ

○インタラクティブなコンテンツの可視化
○3次元モーションセンシングとインタラクション
○バーチャルリアリティとクロスモーダルユーザインタフェース
○ドローンを活用する新しいインタラクティブコンテンツ

ヒューマンコンテンツインタラクション研究分野|高嶋准教授

バーチャルリアリティ等の空間コンテンツと人との関係性を理解するとともに、それを応用し人の能力やコミュニケーションを強化できる新しい空間インタフェースを研究している。特に、バーチャルまたはフィジカルディスプレイによる動的な空間ユーザインタフェースやインタラクションテクニック等に重点的に取り組んでいます。

研究テーマ

○動的・適応型空間ユーザインタフェース
○センサブロック・インタフェース
○人の身体性に基づくインタラクション技術
○スマートデバイスを利用したタッチインタラクション