通研紹介

電気通信研究所
都心にあるキャンパスです

都心にあるキャンパスです

東北大学における電気通信に関する研究は、1919年(大正8年)、工学部に電気工学科が開設された当初から開始されました。電気工学といえば強電工学が中心であったものを、学科開設に当たり、敢えて弱電工学の研究に目を向けました。

1924年(大正13年)に電気通信技術の発達、通信機器の普及とも相まって、電気通信に関する研究の重要性から、東北帝国大学に電気通信に関する研究を目的とした研究所を設置しようとする機運が次第に高まり、1935年(昭和10年)9月25日、東北帝国大学官制の一部が改正され、附属電気通信研究所が設置されることになりました。

戦後のエレクトロニクス分野の急速な進展に伴い、本研究所は、1954年(昭和29年)と1957年(昭和32年)に1部門ずつ、 1961年(昭和36年)に4部門、1962年(昭和37年)と1963年(昭和38年)に3部門ずつ、1965年(昭和40年)、1969年(昭和44年)、1976年(昭和51年)にそれぞれ1部門ずつと、次々に研究部門が増設され、20研究部門、教職員およそ100名からなる大研究所へと発展しました。

本研究所は、大学院工学研究科の電気・通信工学専攻、電子工学専攻、および情報科学研究科との間で、研究教育の両面において緊密な協力体制を取っています。同時に国内のみならず世界中の研究者を迎え、世界におけるCOEとして電気通信に関する広範な分野で積極的な研究活動を行うことも期待され、これまでの我々の誇りとする諸先輩・同僚の実績を基礎に、情報通信技術の急速な発展とグローバリゼーションのうねりの中で、さらなる飛躍を図る新たな時代を迎えています。

八木・宇田アンテナ
Directive Short-Wave Antenna

八木・宇田アンテナ

現在、世界中の家々でテレビ放送の受信用アンテナとして最も広く用いられているアンテナは、八木・宇田アンテナと呼ばれています。何本かの直線状の金属導体を平行に配列したこのアンテナは、大正末期(1925年)に東北大学においてアンテナの研究に従事した八木秀次博士と宇田新太郎博士によって発明されました。

上へ