RIEC Newsweb

  • RIEC News Selections
  • 2020.03.27

ニュースセレクション 2020年4月号

News Selections, April 2020

2019年10月から2020年3月のトピックを厳選しました。これを見ればこの半年の電気通信研究所の様子がわかります。

Topics in the RIEC between October 2019 to March 2020 are carefully selected.A glance at this selections gives you an overview of activities in RIEC during this past year.

  • プロジェクト / Projects
  • 2020.07.29

脳のグチャグチャをぐちゃぐちゃっと創る

We recreate the complex mess of the brain as it is

脳のグチャグチャをぐちゃぐちゃっと創る
脳のグチャグチャをぐちゃぐちゃっと創る
脳のグチャグチャをぐちゃぐちゃっと創る

脳の素晴らしい能力は、脳のグチャグチャな構造の中のさらにグチャグチャな情報処理の賜物です。我々はこの両方のグチャグチャを、半導体スピントロニクス素子などでぐちゃぐちゃっとそのまま再現することで脳の秘密に迫ります。【科研費 基盤研究(A)】

Superb ability of the brain comes from extremely complex information processing on the amazingly complex physiological structure of the brain. We will recreate both complexities with advanced semiconductor spintronics devices to decipher the secret of the brain. (KAKENHI Kiban (A))

  • イベントレポート / Event Reports
  • 2020.03.30

世界を代表するコンピュータ・ヒューマン・インタラクションの研究者が通研に集合

Leading HCI Researchers Come Together in RIEC

世界を代表するコンピュータ・ヒューマン・インタラクションの研究者が通研に集合
世界を代表するコンピュータ・ヒューマン・インタラクションの研究者が通研に集合
世界を代表するコンピュータ・ヒューマン・インタラクションの研究者が通研に集合

2020年1月24日・25日にコンピュータ・ヒューマン・インタラクションのシンポジウムが開催されました.大規模重要国際会議CHIが2021年に日本初開催となるこの機会に,国際的に活躍されている研究者12人に招待講演いただき,この分野の未来を考えるよい機会となりました.

RIEC International Symposium on Human-Computer Interaction - Welcome CHI 2021, thinking of the future of HCI together was held at RIEC on January 24 and 25, 2020. This symposium invited internationally active 12 researchers to discuss and think the future of HCI together.

  • イベントレポート / Event Reports
  • 2020.02.21

次世代ICTの羅針盤 – 2019年度共同プロジェクト研究発表会 –

Compass for Next-Generation ICT -FY2019 RIEC Annual Meeting on Cooperative Research Projects -

次世代ICTの羅針盤 – 2019年度共同プロジェクト研究発表会 –
次世代ICTの羅針盤 – 2019年度共同プロジェクト研究発表会 –
次世代ICTの羅針盤 – 2019年度共同プロジェクト研究発表会 –

本所の共同プロジェクト研究は、情報通信分野の各種の研究を国内外の優れた研究者の協力のもとに企画・コーディネートして実施しています。2020年2月20日に開催された2019年度研究発表会では、国内外の第一線の研究者から次世代ICTの羅針盤となる研究が発表され、180名におよぶ参加者と発表者の間で活発な議論が行われました。

RIEC organizes Nation-wide Cooperative Research Projects by coordinating its activities with the cutting-edge research workers. In the annual meeting held on February 20, 2020, the cutting-edge foreign and domestic researches presented their studies compassing next-generation ICT, and participants (180 people) discussed lively with presenters.

  • 豆知識 / Bits of Knowledge
  • 2020.01.03

「脳」型コンピュータってなに? 

What?? Brain-type Computer

「脳」型コンピュータってなんでしょう?今のコンピュータやAIとどこが違うのでしょう?脳が持つ独特で素晴らしい能力を人工的に創り出します。(堀尾 喜彦)

What is the brain-type computer? How is it different from current computers and AI? The brain-type computer will artificially recreate unique and great performance of the brain. (Yoshihiko Horio)

  • イベントレポート / Event Reports
  • 2019.12.07

世界を代表するスピントロニクス研究者が通研へ

Leading Spintronics Researchers Come Together in RIEC

2019年12月3日~6日に第17回RIECスピントロニクス国際ワークショップを開催しました。我が国をはじめとして、チェコ、ドイツ、シンガポール、スイス、アメリカなど 14 ヵ国からスピントロニクス分野の第一線の研究者 125 人が通研に集まりました。

17th RIEC International Workshop on Spintronics and 10th JSPS Core-to-Core Workshop on "New-Concept Spintronic Devices" were jointly held at the RIEC from December 3 to 6, 2019. The workshop had 125 participants from 14 countries

  • プロジェクト / Projects
  • 2019.12.01

サイバー・物理・量子耐性,三拍子そろった安全な情報システムを開発します

We will develop cyber/physical/quantum-resistant information systems

サイバー・物理・量子耐性,三拍子そろった安全な情報システムを開発します
サイバー・物理・量子耐性,三拍子そろった安全な情報システムを開発します

サイバー攻撃でも物理的攻撃でも、そして現在開発が進む量子コンピュータでも破れない安全な情報処理技術の確立を目指す研究プロジェクトを始めました。将来はこの技術を安全な人工知能システムなどの実現に役立てる計画です。【JST CREST】

A new research project has started to establish a secure information processing technology that cannot be broken by cyber attacks, physical attacks, and even quantum computers that are being developed rapidly. In the future, we will apply the technology to realizing secure artificial intelligence systems. (JST CREST)

  • プロジェクト / Projects
  • 2019.12.01

低電力でもサクサク動く! スピントロニクスで革新的AIチップを創ります

Energy-efficient but high performance! We create revolutionary AI chips using spintronics

低電力でもサクサク動く! スピントロニクスで革新的AIチップを創ります
低電力でもサクサク動く! スピントロニクスで革新的AIチップを創ります

新機能スピントロニクスデバイスと半導体デバイスを融合することにより、エッジコンピューティング向けの小型・高集積で超低消費電力、かつ学習や新しい情報処理機構(確率的演算)を有する全く新しい人工知能ハードウェアを開発します。【JST CREST】

We will develop completely new edge AI hardware, which is compact, easy to be integrated and low-power and has learning and brand new information processing (stochastic operation) capabilities, by combining new functional spintronics devices and semiconductor devices. (JST CREST)

  • イベントレポート / Event Reports
  • 2019.11.27

未来の社会を IoT で創るための議論をしました

Creating a Future Society with IoT

東北大学 電気・情報 東京フォーラム 2019 を2019年11月26日(火)に東京にて開催しました。「Society5.0 を支える IoT 技術」をテーマにして、学内外の研究者が議論を行いました。

Tokyo Forum 2019 was held on November 26, 2019. Researchers inside and outside the university discussed “IoT technologies for Society 5.0”.

  • イベントレポート / Event Reports
  • 2019.08.05

オープンキャンパスで通研を紹介

Open Campus 2019

2019年7月30日(火)~31日(水) に開催された東北大学オープンキャンパスでは、通研の各研究室も工学部電気情報物理工学科の一員として研究紹介を行いました。2 日間でのべ 6,865 人の皆さまに電気情報物理工学科へご来場頂きました。

The Tohoku University open campus was held from July 30th to 31st, 2019. Research laboratories of RIEC also introduced their research as members of the Department of Electrical, Information and Physics Engineering. A total of 6,865 people visited the Department of Electrical, Information and Physical Engineering in two days.

  • 豆知識 / Bits of Knowledge
  • 2019.07.30

ナノレベルの接着剤-原子拡散結合法-

New Room Temperature Nano Bonding Technology

超高真空中で薄い金属膜を接触させると,接触面の原子が再配列して二つの金属膜が一体化します。原子拡散結合法と呼ばれるこの室温接合技術は,スマートフォンに搭載されている弾性表面波フィルタの量産や,新しい電子・光学デバイスの形成に利用されています。(島津 武仁)

Crystal lattice rearrangement occurs at room temperature immediately when two metal film surfaces are mutually contact. Atomic diffusion bonding is room temperature bonding technology for creating the Future of Electronic and Optical Devices. (Takehito Shimatsu)

  • プロジェクト / Projects
  • 2019.07.15

複雑なスピンの模様が引き起こす新奇な物理現象の可能性を開拓します

We will explore possibilities of novel physical phenomena arising from intricate spin textures

複雑なスピンの模様が引き起こす新奇な物理現象の可能性を開拓します
複雑なスピンの模様が引き起こす新奇な物理現象の可能性を開拓します

スピントロニクスは情報デバイスの高機能・低消費電力化への貢献が期待される新興学術領域です。今回、当分野の新たな地平を拓くことを目指し、非共線的(ノンコリニア)な磁気構造の物性、機能性を解明するための研究を始めました。【科研費 基盤研究(S)】

Spintronics is promising to achieve high-functional and low-power information devices. Here we have started a project to reveal unexplored functionalities of non-collinear magnetic structures for opening new horizon of spintronics.(KAKENHI Kiban (S))

  • 豆知識 / Bits of Knowledge
  • 2019.05.30

やわらかいネットワーク

Flexible Network

Software Defined Network(SDN)という技術を利用すると,これまでハードウェアで実現されていたネットワーク機器の動作をソフトウェアで柔軟に設定できるようになります。まさに文字通り「やわらかい」ネットワークの実現です。(菅沼 拓夫)

Software Defined Network (SDN) technology enables flexible control of network equipment operation by software, which was realized by hardware so far. By combining this with smart decision making such as AI, we can realize our goal of the Flexible Network. (Takuo Suganuma)

  • 豆知識 / Bits of Knowledge
  • 2019.04.30

三人寄れば文殊の知恵-自律分散制御-

Autonomous Decentralized Control: Beyond the sum of individuals

単純な知覚・判断・行動出力を行う「自律個」が協調しつつ動作する「自律分散制御」により,どこかが故障しても本来の働きを損なうことなく動作したり,簡単に拡張できるようなロボットを作ることができます。(石黒 章夫)

Animals are less likely to lose their functionalities even under unstructured and unpredictable environments. Autonomous decentralized control could be the key to understanding such remarkable abilities as well as to developing highly adaptive robot that could not be realized solely by the conventional control schemes. (Akio Ishiguro)

  • 退職によせて / Messages from Alumni
  • 2019.03.30

退職に寄せて 木下 哲男

Message from Tetsuo Kinoshita

私は1979年3月に電気通信研究所・野口研究室で修士課程を修了し、沖電気工業(株)に入社して情報処理技術の研究開発に取り組んだ後、1996年8月に通研にUターンして、爾来、本年3月までの22年余りを大学人として過ごして参りました。今般、通研を最後の職場として恙無く定年退職を迎えることとなりました。

  • 退職によせて / Messages from Alumni
  • 2019.03.30

退職に寄せて 鈴木 陽一

Message from Yōiti Suzuki

1999年から務めてきた通研の教授を全うすることができ,「定年退職はお祝い」を実感しています。初めは音の大きさ(ラウドネス)知覚過程の工学応用に関するものでした…