センター長(教授)末松 憲治

産学官研究開発部 代表・教授(兼)末松 憲治

学際連携研究部 代表・教授(兼)塩入 諭

萌芽研究部 代表・教授(兼)北村 喜文

代表・准教授(兼)亀田 卓

センター長(教授)
末松 憲治

電気通信研究所がこれまでに蓄積してきた情報通信技術(IT)に関する実績を、産学連携体制により、5年間の期間を以て実用化技術として完成させることを目的とする。大学の保有する技術をコアとして大学及び産業界の技術を統合し、社会が求めるアプリケーションを明確化し、製品へ適応可能な実用技術を完成させることにより世界標準の技術開発を目指す。5年間を目処に進められる実用化技術開発により得られた成果・知的財産権は、積極的に産業界へ展開する。プロジェクトの推進には、産業界からの技術者を多く受け入れ、大学の保有する先端技術・先端設備を研究開発現場にて体験することで、若手技術者の教育・社会人技術者の再教育センターとしての役割を果たす。

図1: IT-21 センター