量子デバイス研究室

研究室HP
[ 准教授 ] 大塚 朋廣

研究活動

ナノメートルスケールの微小な固体ナノ構造では量子効果等の特異な物理現象が生じる。本研究室では人工的に作製、制御した固体ナノ構造における物性解明、およびデバイス応用の研究を進めている。これにより量子エレクトロニクスやナノエレクトロニクス等を通して、新しい情報処理、通信技術に貢献する。

固体ナノ構造中の局所電子状態の電気的な精密高速観測、制御技術を駆使して、固体ナノ構造における新しい物理現象の解明を進めている。また固体ナノ構造における電子物性を活用することにより、新しい材料、デバイスの研究、開発を行っている。

量子デバイス研究分野|大塚准教授

固体ナノ構造中の局所電子状態の電気的な精密高速観測、制御技術を駆使して、固体ナノ構造における新しい物理現象の解明を進めている。また固体ナノ構造における電子物性を活用することにより、新しい材料、デバイスの研究、開発を行っている。

研究テーマ

○固体ナノ構造中の電子物性解明と固体ナノ構造デバイスの研究
○固体ナノ構造を用いた量子デバイスの研究
○材料、デバイス科学とデータ科学手法の融合による効率的材料、デバイス開発基盤技術の研究

半導体量子ドットプローブ
多重量子ドット素子における電荷状態制御