高次視覚情報システム研究室
高次視覚情報システム研究室01

研究室HP

[ 教授 ] 塩入 諭 
[ 准教授 ] 曽 加蕙 
[ 助教 ] 羽鳥 康裕
[ 助教(兼) ] Sai Sun
[ 研究員 ] Wu Wei
[ 特任助教(兼) ] 佐藤 好幸

研究活動

本研究室では、脳機能について特に視覚系の働きの研究から探求し、それに基づく人間工学、画像工学などへの応用的展開を目的としている。人間の視覚特性を知るための心理物理学的実験を中心に脳機能測定やコンピュータビジョン的アプローチを利用して、視覚による空間知覚、立体認識、注意による選択機構のモデルの構築、視触覚統合機構に関する研究をしている。

高次視覚情報システム研究分野|塩入教授

視覚の空間知覚を中心に、立体視、運動視における視覚脳機能、原理を探求し、そのモデル化を通して、人間の視覚を理解、それを模擬するシステムの構築を目指す。また、知覚の能動的側面とし、視線移動制御や注意機能を理解し、モデル化を目指す。これらの成果に基づき、画像情報の評価、効率的呈示、視環境の評価システムの構築への展開する。さらに、視覚や触覚の無意識的選択の過程を調べることから、様々な環境下での人間の視覚認識や行動を予測するための研究に取り組んでいる。

研究テーマ

○視覚的注意の時間特性と空間特性の測定
○眼球運動制御と視覚的注意機構のモデル化
○ 3次元認識の初期、中期、高次視覚特性の研究

視線が移動すると、網膜に映る世界の像は大きく変化します。まぶたの上から眼を押して動かしてみると、その影響の大きさは体験できます。しかし、わたしたちは、普通それに気づくことはなく、安定した世界を見ています。これは、視野安定の問題として視覚科学における大きな問題です。本研究では、特定の視覚処理過程の信号が、網膜変化の知覚を抑制するメカニズムの存在を明らかにしました。視線移動中に視覚刺激を移動することで、サッカード抑制を計測した結果、刺激強度が高い(よく見える)ほど、動きが見にくい(感度が低い)ことを明らかにしました(右下)。これは刺激の強さが抑制を強めることを意味し、サッカード抑制が、視野安定に対して能動的な機能であることを示唆する視野安定の謎に迫る研究成果です。

注意・学習研究分野|曽准教授

研究テーマ

○視覚的注意のメカニズムとモデル化
○多感覚知覚と学習
○視知覚の発達と認知

本研究分野では、心理物理学、神経生理学、計算論の3つのアプローチを利用して、知覚、注意、学習といった人間の認知機能の理解を目指す。私たちが経験する首尾一貫した世界を、人間の感覚システムはどのように構築しているのかを理解し、これらの成果に基づき、私たちの日常生活の質を向上するための応用的展開を探求する。

ヒトとヒトのコミュニケーションは、一緒に歩いくことや、体の動きや、顔表情による表現などで実施できます。本研究では、潜在的な信号によるコミュニケーションについて検討するために、加速度センサーによる動きの計測と心理物理的手法を組み合わせた実験を実施しました。