ナノ集積デバイス・プロセス研究室

研究室HP

[ 教授 ] 佐藤 茂雄
[ 准教授 ] 櫻庭 政夫 HP
[ 准教授 ] 山本 英明
[ 特任助教 ] 金 觀洙
[ 研究員 ] 守谷 哲

研究活動

本研究室では脳型計算や量子計算などの非ノイマン型計算に着目し、それらのハードウェア基盤技術について研究を行っている。デバイス、プロセス、回路、あるいはアルゴリズムや神経科学など多様な研究を遂行し、それらの統合により全く新しい計算機技術の創成に挑戦する。

ナノ集積デバイス研究分野|佐藤教授

脳型計算を含むAI技術のより一層の社会実装に向けて、ハードウェアの高効率化や低消費電力化が重要な課題となっている。これらを可能とする脳型デバイスや専用LSI、あるいはそれらから構成されるAIシステムの開発を通して脳型計算ハードウェア基盤技術の構築を目指す。

研究テーマ

○脳型計算ハードウェアに関する研究
○量子知能ハードウェアに関する研究
○脳型視覚情報処理システムに関する研究

脳型計算機のプロトタイプ実現に向けて

量子ヘテロ構造高集積化プロセス研究分野(櫻庭准教授)

プラズマ誘起反応などを駆使して極薄領域におけるへテロ構造形成を可能にし、新規電子物性を探索する。同時に、量子へテロ構造をSi集積回路に搭載するための基盤技術構築を目指す。

研究テーマ

○高度歪IV 族半導体エピタキシャル成長のための低損傷基板非加熱プラズマCVDプロセスに関する研究
○IV族半導体高度歪量子へテロ構造の高集積化プロセスに関する研究
○IV族半導体量子へテロナノデバイスの製作と高性能化に関する研究

量子ヘテロ構造高集積化プロセスの構築に向けて

ナノ集積神経情報システム研究分野(山本准教授)

半導体微細加工・神経細胞培養・数理モデリングを統合し、脳情報処理の神経基盤をボトムアップに解析するための新しい実験系を構築する。これにより、脳神経系の基礎理解はもちろん、現行の脳型システムが直面している電力効率やアーキテクチャの壁などの解決に向けた、生物規範的なアプローチの創成を目指す。

研究テーマ

○微細加工表面を用いた培養神経回路の機能制御に関する研究
○神経細胞ネットワークの数理モデルに関する研究
○神経細胞ネットワーク上の情報処理に関する研究