通研講演会」カテゴリーアーカイブ

第100回 システム制御研究会(通研講演会)

第100回 システム制御研究会(通研講演会)

開催日時:2015年6月13日(土)14:00~16:00
開催場所:東北大学東京分室会議室A(東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー10F)
演題1:クラウドストレージのセキュリティ技術
講師1:酒井正夫 先生(東北大学教育情報基盤センター准教授)
演題2:植込み型補助人工心臓 EVAHEART 用コントローラの開発
講師2:小川大祐 博士(株式会社サンメディカル技術研究所)

平成25年5月2日

関係各位

システム制御研究会
主査 吉澤 誠
幹事 杉田 典大

下記のとおり,第100回システム制御研究会を開催しますので多数ご来聴くださいますよう,ご案内申し上げます.

日時:平成27年6月13日(土)14:00~16:00
会場:東北大学東京分室会議室A  東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F

講演者1:酒井正夫 先生(東北大学教育情報基盤センター准教授)

演題:クラウドストレージのセキュリティ技術

講演要旨:スマートフォンやクラウド型サービスの普及に伴い,インターネット経由でどこからでもアクセス可能なクラウドストレージにデータを保存して,活用する個人ユーザが増えている.クラウドストレージ上に保存されたデータは,通常,IDとパスワードを用いたユーザ認証により保護されるが,実際には必ずしも安全とは言えない.例えば,保存データは,ターゲット広告配信を目的に,サービス事業者側に解析(覗き見)される恐れがある.また,警察などの捜査機関により,合法かつ強制的に覗かれてしまう場合もある.さらに,悪意のある第三者により不正アクセスを受けた場合には,保存データの消失・改変や,外部への漏洩の恐れもある.このようなリスクへの対策としては,バックアップや暗号化のような単純なものを除くと,秘密分散法により複数の保存先に分散保存して秘匿する技術や,分散ハッシュテーブル(DHT)の技術を用いてP2ネットワーク上に秘匿保存する技術などが提案され,注目されている.本講演では,現状のクラウドストレージのリスクと,秘密分散法やDHTを用いた将来のセキュリティ技術について解説する.

講演者2:小川大祐 博士(株式会社サンメディカル技術研究所)

演題:植込み型補助人工心臓 EVAHEART 用コントローラの開発

講演要旨:植込み型補助人工心臓EVAHEARTは,2005年の治験開始及び2011年の販売開始を経て,国内にて100例以上の心疾患患者様に使用されている.また,2014年より米国治験も開始された.EVAHEARTは,血液ポンプだけではなく,いくつかの体内及び体外コンポーネント等により構成されている.このなかで,植込み手術後の患者様が日常生活にて接する機会が最も多いのが,コントローラを始めとする体外コンポーネントである.2013年には,従来のC01システムでみられた課題を解決すべく開発された,小型コントローラC02システムが販売開始となった.このコントローラには,血液ポンプや関連装置(CSU)の駆動,電源の切替,動作状態の記録・表示など,多くの機能が搭載されている.本講演では同コントローラの構成や使用技術について解説する.

お問合わせ先

東北大学大学院工学研究科
技術社会システム専攻
システム制御研究会
幹事 杉田 典大
TEL:022-795-7125
E-mail: sugita_at_yoshizawa.ecei.tohoku.ac.jp(_at_を@に変換)

エバハートLVAS世界展開:米国進出篇

エバハートLVAS世界展開:米国進出篇

開催日時:2015年1月14日(水)17:00~18:00

題目:エバハートLVAS世界展開:米国進出篇

講師:本村禎博士(EVIジャパン 代表取締役)

開催場所:東北大学青葉山キャンパス 電子情報システム・応物系1号館2階大会議室

備考:開催案内・講演要旨(第98回システム制御研究会)

Plasma wave transistor for terahertz imaging 、Terahertz time domain spectroscopy

Plasma wave transistor for terahertz imaging 、Terahertz time domain spectroscopy

開催日:2014年7月30日(水)15:00~17:00

題目:“ Plasma wave transistor for terahertz imaging ”、“ Terahertz time domain spectroscopy ”

講師:Prof. Dr. Yahya M. MEZIANI(Dept. of Applied Physics & Electronics, University at Salamanca, Spain)
開催場所:東北大学電気通信研究所ナノ・スピン研究棟4階A401室
備考:開催案内・プログラム・講演要旨(第72回ナノ・スピン工学研究会)

講演会「医療機器の現状と電子工学への期待」

講演会「医療機器の現状と電子工学への期待」

日時:2013年12月26日(木)16:30~17:30
場所:東北大学電気通信研究所1号館3階 N308室
題目:「医療機器の現状と電子工学への期待」
講師:東北大学医工学研究科 西條芳文教授


【講演会】 「医療機器の現状と電子工学への期待」

東北大学 電気通信研究所
木村 康男、片野 諭

 

東北大学医工学研究科の西條芳文教授をお迎えして下記の講演会を開催いたします。

ご多忙中とは存じますが、多くの皆様にご出席頂きますようご案内申し上げます。

概要:医療機器について、CT、MRI等の大型機器、心電図、超音波診断装置などの中型機器、 血管内治療用などの小型機器に分類して概説するとともに、国内市場および海外市場の現況を分析し、新規医療機器開発に求められているニーズと、その解決への電子工学の応用の可能性について展望を述べる。

 

問い合わせ先

電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設
ナノ電子デバイス研究部

(准教授)木村 康男

 

電気通信研究所
情報デバイス研究部門
ナノ光分子エレクトロニクス研究分野

(准教授)片野 諭

講演会「空間的な相対関係を用いた動作生成」

講演会「空間的な相対関係を用いた動作生成」

日時:2013年12月19日(木)16:30~17:30
場所:東北大学 電気通信研究所 1号館S棟3階 S305セミナー室
題目:「空間的な相対関係を用いた動作生成」(“Motion synthesis by spatial relationship descriptors”)
講師:幸村琢先生(Dr. Taku Komura)
(Reader, Institute of Perception, Action and Behaviour, School of Informatics , University of Edinburgh, UK. )


【講演案内】 「空間的な相対関係を用いた動作生成」

英国エジンバラ大学の幸村琢先生に,コンピュータアニメーションとシミュレーションに関するご講演をいただきます.

事前の申し込みなどは不要ですので,お気軽にお集まりください.

  • 日時  :2013年12月19日(木)16:30~17:30
  • 場所  :東北大学 電気通信研究所 1号館S棟3階 S305セミナー室
  • 題目  :「空間的な相対関係を用いた動作生成」
  • Title  :“Motion synthesis by spatial relationship descriptors”
  • 講師  :Dr. Taku Komura
                Reader, Institute of Perception, Action and Behaviour, School of Informatics , University of Edinburgh, UK.

概要:コンピュータアニメーションやロボット工学において、体同士が絡み合う、狭い場所を通り抜ける、布やひもを物に巻きつけるといった、体の部分同士や体と他 物体が互いに近づいたり接触したりするような動作の生成は困難である。そのような動作生成の際には空間的な相対関係を記述する表現を用いる必要がある。我々の研究グループでは複雑な動作を生成するために空間的な相対関係に基づく表現方法を提案し、それらを用いた動作の生成を行ってきた。具体的にはGauss Linking Numbersを用いたひもやマルチリンクモデルの結び動作の生成、静電気学の流束を用いた包み動作の生成、Laplacian Coordinatesを用いた相互干渉動作のモーションリターゲティング、medial axisを用いたシーンの分類、認識を行ってきた。本講演ではこれらの表現方法およびそれらの応用について説明する。次に今後の課題として、これらの表現手法を組み合わせることによる任意の動作の動作計画や生成、多数の接触を伴う動作の物理シミュレーション、筋骨格モデルによる動作シミュレーションについて説明する。

 

Abstract:In the area of computer animation and robotics, synthesizing movements such as tangling limbs, passing through constrained environments,wrapping and winding cloth or ropes around objects, are considered as difficult problems. Making use of descriptors based on the spatial relationships is essential for synthesizing such movements. In this talk, I will describe about the research done in our group for synthesizing complex movements by using spatial relationship descriptors.These include synthesizing winding and knotting movements using Gauss linking numbers, synthesizing wrapping movements using electrostatic flux, retargeting movements using Laplacian coordinates, and classifying and recognizing scenes using medial axis. I will then describe about the future work that I am planning to do including motion planning and physical simulation based on these descriptors, physically simulating movements that involve close interactions, and combining such descriptors with musculoskeletal simulations.

 

Biography:Taku Komura is a Reader (Associate Professor) at the Institute of Perception, Action and Behaviour, School of Informatics , University of Edinburgh. As head of the Computer Animation and Robotics group his research has focused on data-driven character animation, physically-based character animation, crowd simulation, cloth animation, anatomy-based modelling and robotics. Recently, his main research interests have been in indexing and animating complex close interactions, which includes character-character interactions and character-object interactions.


問い合わせ先

電気通信研究所 システム・ソフトウェア研究部門 情報コンテンツ研究室

(教授)北村喜文

ロボット・メカトロニクスシステムの実用化制御技術(第97回システム制御研究会)

ロボット・メカトロニクスシステムの実用化制御技術(第97回システム制御研究会)

開催日:2013年12月13日(金)16:00~17:30

題目:「ロボット・メカトロニクスシステムの実用化制御技術」

講師:丸山 次人 先生(東北工業大学工学部 知能エレクトロヱクス学科 教授)

開催場所:東北大学サイバーサイエンスセンター 3階中会議室

備考:開催案内・講演要旨(第97回システム制御研究会)

講演会 「MEMS/NEMSの現状と将来 – 新材料に期待する – 」

講演会 「MEMS/NEMSの現状と将来 – 新材料に期待する – 」

日時:2013年11月13日(水)13:30~14:30
場所:東北大学電気通信研究所 2号館2階 W214セミナー室
題目:「MEMS/NEMSの現状と将来-新材料に期待する- 」
講師:株式会社 メムス・コア社長 本間孝治氏


【講演案内】 「MEMS/NEMSの現状と将来 – 新材料に期待する – 」

MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)の事業化でご活躍されています 本間孝治氏(株式会社メムス・コア)をお迎えして下記の講演会を開催いたします。

ご多忙中とは存じますが、多くの皆様にご出席頂きますようご案内申し上げます。

  • 日時  :2013年11月13日(水)13:30~14:30
  • 場所  :東北大学電気通信研究所 2号館2階 W214セミナー室
  • 題目  :「MEMS/NEMSの現状と将来 – 新材料に期待する – 」
  • 講師  :株式会社 メムス・コア社長 本間孝治氏

概要:

MEMS(微小電子機械システム)は自動車、携帯、などの基幹部品として毎年12~14%の勢いで伸びている。一方、MEMS/NEMSは半導体プロセスを基に三次元構造の加工や異種材料の組み入れなど、半導体を超える技術や新しい 材料を必要としている。このMEMSを事業化すべくメムス・コアは2001年に東北大学発ベンチャーとして創設され、昨年度に11年目に黒字化を達成することができた。今後、発展が期待されている環境、エネルギー、バイオ、医療、などの分野では、独創的デバイスを生み出すための新規機能素材や生体に優しい素材等の開発が重要であり、東北大学とのさらなる産学連携が必須となる。

 

問い合わせ先

電気通信研究所 情報デバイス研究部門 固体電子工学研究分野

(教授)末光眞希 

電気通信研究所 情報デバイス研究部門 ナノ光分子エレクトロニクス研究分野

(准教授)片野 諭  

講演会 “Creating Unique Technology for Everyone”

講演会 “Creating Unique Technology for Everyone”

日時:2013年10月21日(月)13:30~14:30
場所:東北大学電気通信研究所2号館W棟4階 大会議室
演題:“Creating Unique Technology for Everyone”
講師:Professor Ellen Yi-Luen Do(Visiting Research Professor, Interactive & Digital Media Institute, National University of Singapore)


【講演案内】 “Creating Unique Technology for Everyone”

米国のジョージア工科大学(現在,シンガポール国立大学に滞在中)のEllen Yi-Luen Do 先生の講演会を行います.日常生活をより良くするためのデザインやインタラクション技術についてご講演頂きます.

  • 日時  :2013年10月21日(月)13:30~14:30
  • 場所  :東北大学電気通信研究所 2号館W棟4階 大会議室
  • 題目  :“Creating Unique Technology for Everyone”
  • 講師  :Professor Ellen Yi-Luen Do
                Visiting Research Professor,
                Interactive & Digital Media Institute,National University of Singapore
                http://www.cc.gatech.edu/~ellendo

Abstract:

In this talk I will discuss the ideas of creating experience media and interactive computing projects for smart living environments for heath, awareness and entertainment. Design and Human-Computer Interaction are crucial components of information technologies in daily life and they color our experience of computation and communication. The questions are then: Can we employ computing creatively to enhance our lives? Can we use technological innovation to unlock and augment human potential? Can we imagine computing without computers, where information processing has diffused into everyday life, and virtually become invisible and can be perceived through various modes of sensations?

Ellen is Professor in the School of Industrial Design and the School of Interactive Computing, in the College of Architecture, and the College of Computing, at Georgia Institute of Technology. She has built creative computing tools, from understanding the human intelligence and creativity involved in the design process to improving our interaction with computers beyond the desktop into the physical world. She works on Things that Think, Spaces that Sense and Places that Play – a smart living environment in which computing technologies embedded in the built environment (e.g., objects, furniture, building, and space) support everyday happy healthy living. Prof. Do is on leave from Georgia Tech in 2013, and has served as the CUTE Center Co-Director (NUS side) since April 2013. She holds a PhD in Design Computing.


問い合わせ先

電気通信研究所 システム・ソフトウェア研究部門 情報コンテンツ研究室

(教授)北村喜文 

IEEE DL講演会 “Magneto-Optic Analysis of Magnetic Microstructures”

IEEE DL講演会 “Magneto-Optic Analysis of Magnetic Microstructures”

日時:2013年8月30日(金)15:00~17:00
場所:東北大学電気通信研究所1号館3階 N308会議室
演題:“Magneto-Optic Analysis of Magnetic Microstructures”
講師:Professor Rudolf Schaefer (Magnetics Society Distinguished Lecturers for 2013)
(Leibniz Institute for Solid State and Materials Research (IFW), Dresden, Germany)


IEEE DL講演会 “Magneto-Optic Analysis of Magnetic Microstructures” のご案内

8月30日(金)にIEEE Magnetics Society Distinguished Lecturerの先生にご講演をお願いしました。
特に、研究室の学生さん・研究所の若手研究員の方にご出席いただけますように 機関・組織内で周知いただければ幸いです。
多くの方のご出席を賜りますようご案内申し上げます。

  • 日時  :2013年8月30日(金)15:00~17:00
  • 場所  :東北大学電気通信研究所1号館3階 N308会議室
  • 題目  :“Magneto-Optic Analysis of Magnetic Microstructures”
  • 講師  :Professor Rudolf Schaefer (Magnetics Society Distinguished Lecturers for 2013)
              (Leibniz Institute for Solid State and Materials Research (IFW), Dresden, Germany)
  • 参加費:無料、事前登録不要

発表の内容について:

 

The rich world of magnetic microstructure or magnetic domains, extending from visible dimensions down to the nano-scale, forms the mesoscopic link between the fundamental physical properties of a magnetic material and its macroscopic properties and technical applications, which range from films for computer storage technology to magnetic cores for electrical machinery. Hysteresis phenomena, energy loss in inductive devices, noise in sensors, or the magnetoresistive properties of modern spintronic devices can be decisively determined by the peculiarities of the underlying magnetic microstructure, especially by irreversibilities in the magnetization process. Therefore any development and optimization of magnetic materials, which is usually accompanied by the measurement of magnetization curves, requires an understanding of the underlying domains and their reaction to magnetic fields, which, in most cases, can only be gained by direct imaging.

The presentation will address different aspects of magnetic microstructure adapted, where possible, to the interest of the audience and supported by domain observation using Kerr microscopy. This may include domains and magnetization processes in bulk magnetic material like oriented and non-oriented electrical steel, amorphous and nanocrystalline ribbons or permanent magnets, as well as thin films and multilayers. Fast magnetization processes can also be considered. Most challenging is the analysis of hidden (internal) domains and processes in bulk material. They are relevant for material performance and their analysis requires surface imaging in combination with domain modeling and some volume-sensitive imaging method. Aside from their scientific and technical relevance, magnetic microstructures are also aesthetically appealing, an aspect that will be part of the presentation.

 

問い合わせ先

電気通信研究所 ブロードバンド工学研究部門 情報ストレージシステム研究室

(准教授)Simon GREAVES

Nanomaterials with Charged Quantum Dots for Solar Energy Conversion and Advanced Sensing Application

Nanomaterials with Charged Quantum Dots for Solar Energy Conversion and Advanced Sensing Application

開催日:2013年5月17日(金)13:30~15:00

題目:“Nanomaterials with charged quantum dots for solar energy conversion and advanced sensing applications”(in English)

講師:ウラジミール ミツティン教授(ニューヨーク州立大学バッフアロー校電子工学科)

開催場所:東北大学電気通信研究所ナノ・スピン研究棟4階A401室

備考:開催案内・プログラム・講演要旨(第67回ナノ・スピン工学研究会)