教授石山 和志

准教授枦 修一郎

助教林 禎彰

研究員荒井 薫

荒井薫 林禎彰 石山和志 枦修一郎

研究室紹介動画

研究活動

生体との電磁コミュニケーションを確立し、生体のもつ情報システムとしてのはたらきを理解するためには、生体の発する信号を捕らえることに加えて、生体の有する様々な機能性をも含めて情報として捉え、それらを総合的に理解するための研究開発が必要である。そのために当研究室では現在、生体の発する情報を受け取るセンシング技術ならびに生体に働きかけを行う技術に関する研究を推進している。これらの技術開発を通じて、生体との良好なコミュニケーション技術の確立を目指し、情報通信並びに医療福祉分野に貢献してゆく。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ

生体電磁情報研究分野|石山教授

本研究分野で開発された、極めて高い磁界分解能を有する高周波キャリア型磁界センサは、材料開発・微細加工技術・磁気特性制御技術・検出回路設計など多くの技術開発により、現在室温で動作する磁界センサとしては世界最高の感度を達成し、生体情報を検出するセンサとしてさらに一層の開発が進められている。また、生体に働きかけを行うための一つの手法として、ワイヤレスアクチュエータ・マニピュレーターの検討を推進している。これは生体内で動作するロボットを実現するための重要な基盤技術の一つであり、その技術の一部は完全埋め込み型補助人工心臓への道を拓く小型ワイヤレスポンプの開発や、飲み込んで使用されるカプセル型内視鏡を消化管内で移動させるための手法として実用化研究が進められている。

研究テーマ

  • 超高感度磁界センサ
  • 高周波電磁界計測技術
  • マイクロ磁気アクチュエータ
  • 磁気利用次世代医療機器

生体電磁材料研究分野|枦准教授

医療や福祉分野においては、検査や治療、リハビリ等を効率よく行うため、低侵襲かつ非接触で生体内外の様々な情報や動きをリアルタイムに取得可能な技術の開発が強く望まれている。本研究分野では、温度や硬さを検出し、その情報を非接触・非給電で取り出したり、同様に生体動作の高精度トレースを可能にする、ワイヤレス磁気センシングシステムの開発を推進している。また、これら磁気センシングに利用可能な、機能性磁性材料の開発や作成法に関する研究についても取り組んでいる。

研究テーマ

  • ワイヤレス磁気センシングシステム
  • 機能性磁性材料

高周波キャリア型薄膜磁界センサ
完全埋め込み型補助人工心臓用小型ワイヤレスポンプのプロトタイプ
ワイヤレス磁気モーションキャプチャシステム