教授八坂 洋

准教授吉田 真人

助教横田 信英

八坂洋 横田信英

研究室紹介動画

研究活動

FTTHが普及し、各家庭にまで光ファイバーが届くようになった現在、インターネットの国内総トラフィックは1Tb/sを越え、光通信システムにおいて処理しなければならない情報量は、既に膨大なものとなっている。今後も情報量は爆発的に増加していくと考えられ、光通信システムの処理能力を飛躍的に増加するためのデバイス技術、及び新世代光情報通信ネットワークシステムを実現するための新機能半導体光デバイスの実現が必要不可欠となっている。
応用量子光学研究室では、光通信システムの処理能力を飛躍的に増加するための光デバイス技術、及び新世代光情報通信ネットワークシステムを実現するための革新的な新機能半導体光デバイスの実現を目標として研究を進めている。本研究室では、あわせて光エレクトロニクス的手法による情報通信・計測や、半導体光デバイスの超高速動作とその演算処理への応用など、新しい光エレクトロニクス分野の開拓をはかっている。

研究室Webページ

東北大学電気情報系Webページ

高機能フォトニクス研究分野|八坂教授

新世代光情報通信ネットワークシステムを実現する上で、高機能化された光通信システムを実現するための高機能光源・光デバイス技術、及び超高速光信号処理を実現するための新機能半導体光集積デバイス技術を確立することが必要不可欠である。
本研究分野では、半導体レーザや半導体光変調器をベースとした高機能半導体光デバイス、及び新機能半導体光集積回路の研究を行っている。光の強度、位相、周波数、偏波を自由に操ることのできる半導体光デバイス・光集積回路を実現することで、超大容量・超長距離光通信ネットワークの実現を目指している。また、新原理に基づく半導体光機能デバイスの創出を目指し、デバイスレベルから光情報通信ネットワークシステムを革新していくことを目指している。

研究テーマ

  • 光信号による半導体光デバイス超高速制御の研究
  • 高機能半導体光源の研究
  • 高機能半導体光変調器の研究
  • 新機能半導体光集積回路の研究

 

高精度光計測研究分野|吉田准教授

本研究分野では、1.55 μm 帯周波数安定化レーザの開発とその高精度光ファイバ計測への応用研究を進めている。さらに超短パルスレーザの開発に取り組んでいる。

研究テーマ

  • 周波数安定化レーザと高精度光ファイバ計測への応用
  • 超短パルスモード同期レーザと周波数標準・光マイクロ波領域への応用

混合変調型高速直接変調半導体レーザの構成
導体レーザの負チャープ動作特性
光ファイバ伝送特性