量子光情報工学研究室

研究室HP

[ 教授 ] 枝松 圭一
[ 准教授 ] 三森 康義
[ 助教(兼) ] 松本 伸之
[ 助教(兼) ] 金田 文寛
[ 助教 ] Soyoung Baek
[ 研究員 ] Bin Ho Le

研究活動

現在の情報処理・通信技術は、信号を電圧や周波数などの古典的でマクロな物理量に対応させて様々な処理を行っているが、近い将来、情報の高密度化と高速化に限界が訪れることが指摘されている。これに対し、個々の電子や光子などのミクロな量に情報を保持させ、量子力学の原理を直接応用することによって、従来の限界を打ち破る性能を持ちうる量子情報通信技術の実用化が強く期待されている。本研究室は、電子および光子を用いた量子情報通信デバイスの実用化を目指し、未来の量子情報通信の中核となるべき極限技術の開発に積極的に挑戦している。

量子光情報工学研究分野(枝松教授)

量子もつれなどの光の量子性を駆使した量子情報通信技術、新材料・半導体量子構造を用いた量子情報通信デバイス、極限量子計測・制御技術の基礎開発を行っている。

研究テーマ

○新手法を用いた量子もつれ光子の発生・検出方法の開発と量子情報通信への応用
○光ファイバ、光導波路、半導体量子構造を用いた量子情報通信デバイスの開発
○光子を用いた極限量子計測、量子状態制御技術の開発と応用

図1. ダイヤモンド中の不純物欠陥(NV中心)を用いた無偏光単一光子発生。

量子レーザー分光工学研究分野(三森准教授)

半導体量子構造における電子状態の光制御法の開発および光学物性の解明を行い、量子情報通信の実現に向けた光デバイスの開発を目指している。

研究テーマ

○半導体量子ドットにおける超高速光制御法の開発
○半導体微小共振器の光学的物性の解明

図2. 周波数の量子もつれ光子発生方法の概念図。