工学研究会EMC仙台ゼミナール・通研講演会

工学研究会EMC仙台ゼミナール・通研講演会

研究会名:工学研究会EMC仙台ゼミナール・通研講演会
開催日:2010年12月21日(火)15:00~18:00
演題:1.  「マイクロ波帯における相互変調ひずみとその測定法について」、2.  IEEE EMC Symp(Fort Lauderdale)の報告
講師:1.  久我宣裕先生(横浜国立大学)、2.  仙台Chapterエリアからの参加者
開催場所:東北大学サイバーサイエンスセンター講義室

 


工学研究会EMC仙台ゼミナール・通研講演会開催のご案内

工学研究会 EMC仙台ゼミナール
主査  曽根 秀昭
幹事  山口 正洋

 

下記により,東北大学仙台EMCゼミナール(通研講演会)・IEEE EMC仙台チャプタコロキウムを共催で開催しますので,ご参集くださいますようご案内申し上げます.

 

  • 日時:2010年12月21日(火)15:00~18:00
  • 場所:東北大学サイバーサイエンスセンター講義室(仙台市青葉区荒巻字青葉6-3)
  • 議題:

    1. 講演(通研講演会)「マイクロ波帯における相互変調ひずみとその測定法について」
    久我 宣裕先生(横浜国立大学)
    講演概要:線形設計された受動回路において相互変調ひずみが問題となる場合がある.この現象はPassive
    Intermodulation (PIM)と呼ばれ,移動体通信,衛星通信,CATVシステムなど見られる非線形現象である.
    本講演では,このPIMについて,発生メカニズム,測定法の現状と問題点,最新の動向について概説する.

    2. IEEE EMC Symp(Fort Lauderdale)の報告
    仙台Chapterエリアからの参加者
    本間 尚文(東北大学)

  • 主催: 東北大学EMC仙台ゼミナール(通研講演会)
  • 共催: IEEE EMC Society Sendai Chapter