コンピュータサイエンス研究会

コンピュータサイエンス研究会

研究会名:コンピュータサイエンス研究会

開催日:2011年11月1日(火)16:00~17:30

題目:「データ圧縮の意外な使い方」

講師:喜田拓也准教授(北海道大学大学院情報科学研究科)

開催場所:情報科学研究科棟2階大講義室


コンピュータサイエンス研究会 講演会の御案内

コンピュータサイエンス研究会
主査     篠原 歩

 

下記のようにコンピュータサイエンス研究会の講演会を開催いたしますので,ご案内申し上げます.

  • 日時:2011年11月1日(火)16:00~17:30
  • 場所:情報科学研究科棟2階大講義室
  • 題目:「データ圧縮の意外な使い方」
  • 講師:喜田拓也准教授(北海道大学大学院情報科学研究科)
  • 要旨:
    データ圧縮とは,データに含まれている冗長な表現を より簡潔な表現に置き換えたり,無用な部分を削ったり することで,そのデータをより短いビット数で記述する ための技術である.主に,データを保持するコストの削減や, ネットワーク上でのデータ通信コストの低減を目的として 用いられている.
    近年,このデータ圧縮の技術が,上述の目的以外でも 活用されるようになった.例えば,データ処理の高速化や パターン認識を目的とした用途などが提案されている.
    本講演では,まずデータ圧縮について大まかな理解が 得られるように情報理論の初歩的な解説から始め,その後, データ圧縮の「意外な使い方」についての例を紹介する. 後半では,パターン照合とデータ圧縮の結びつきについて これまでの研究の歴史を振り返り,「データアクセスの簡便さ」 という基準を重視したデータ圧縮法について解説を行う.

問い合わせ先

篠原 歩

内線:7132(青葉山)