新概念VLSIシステム研究室(羽生・夏井研究室)の加藤健太郎さん(H30 博士課程前期2年の課程修了)が電子情報通信学会 集積回路研究会 2017年度研究会優秀若手講演賞を受賞(2018年5月15日)

新概念VLSIシステム研究室(羽生・夏井研究室)の加藤健太郎さん(H30 博士課程前期2年の課程修了)が電子情報通信学会 集積回路研究会 2017年度研究会優秀若手講演賞を受賞(2018年5月15日)

新概念VLSIシステム研究室(羽生・夏井研究室)の加藤健太郎さん(H30 博士課程前期2年の課程修了)が、電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ・集積回路研究会の2017年度研究会優秀若手講演賞を受賞しました。

本賞は、本研究会が主催する研究会において一般講演を行った者のうち、特に優秀な講演を行った若手研究者に贈呈されるものです。

受賞対象となった講演は、デザインガイア2017における「時系列特徴を用いたチップ内データ転送エラー訂正手法とその可能性」(著者:加藤健太郎、夏井雅典、羽生貴弘)です。

>賞に関する詳細情報URL:http://www.ieice.org/~icd/award.html

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
システム・ソフトウェア研究部門
新概念VLSIシステム研究室
(准教授)夏井雅典
TEL:022-217-5552