情報コンテンツ研究室(北村・高嶋研究室)のグループがACM主催の国際会議「ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS) 2019」においてBest Demo Awardを受賞

情報コンテンツ研究室(北村・高嶋研究室)のグループがACM主催の国際会議「ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS) 2019」においてBest Demo Awardを受賞

電気通信研究所 情報コンテンツ研究室(北村・高嶋研究室)のMengting Huangさん(2019年9月修了),藤田和之 助教,高嶋和毅 准教授,土田太一さん(B4),北村喜文 教授,芝浦工業大学 真鍋 宏幸 教授が,ACM主催の国際会議「The 2019 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS 2019)」において「ShearSheet: Low-Cost Shear Force Input with Elastic Feedback for Augmenting Touch Interaction」というタイトルで口頭発表およびデモ発表を行い,Best Demo Awardを受賞しました.
ISSはサーフェスおよび空間でのインタラクションに関する研究分野を扱う国際会議です.発表された14件のデモのうち,参加者155名らによる投票により当該発表がBest Demo Awardに選出されました.

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
人間情報システム研究部門
情報コンテンツ研究室

[ 助教 ] 藤田 和之
icd-office [AT] ml.riec.tohoku.ac.jp
( [AT]を@に変えてください)