新概念VLSIシステム研究室の荒川怜さん(博士課程前期1年)がIEEE主催の国際会議ICECS2019においてBest Young Professionals Paper Awardを受賞(2019年11月28日)

新概念VLSIシステム研究室の荒川怜さん(博士課程前期1年)がIEEE主催の国際会議ICECS2019においてBest Young Professionals Paper Awardを受賞(2019年11月28日)

新概念VLSIシステム研究室の荒川怜さん(博士課程前期1年)が,2019年11月27日から29日に開催された国際会議26th IEEE International Conference on Electronics Circuits and Systems(ICECS)2019においてBest Young Professionals Paper Awardを受賞しました.

本賞は,ICECS2019におけるYoung Professionals eventにおいて,特に優秀と認められた論文を表彰するものであり,今回の受賞は,上述の国際会議において発表された「”Multi-Context TCAM Based Selective Computing Architecture for a Low-Paper NN”(Authors: Ren Arakawa, Naoya Onizawa, Jean-Philippe Diguet, and Takahiro Hanyu)」によるものです.

The 26th IEEE International Conference on Electronics Circuits and Systems (ICECS):
https://www.ieee-icecs2019.org/

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
システム・ソフトウェア研究部門
新概念VLSIシステム研究室
(助教)鬼沢直哉
TEL:022-217-5508