先端音情報システム研究室(坂本研究室)の片田晃輔さんが日本音響学会東北支部若手研究者優秀論文賞を受賞

先端音情報システム研究室(坂本研究室)の片田晃輔さんが日本音響学会東北支部若手研究者優秀論文賞を受賞

人間情報システム研究部門先端音情報システム研究室(坂本研究室)博士前期課程1年の片田晃輔さんが,日本音響学会東北支部若手研究者優秀論文賞を受賞しました.

本賞は,日本音響学会東北支部内で行われた研究発表において,特に優秀と認められる若手の発表者を表彰し,若手研究者の啓発と優秀な人材の育成に寄与することを目的としています.

今回の受賞は,第2回東北地区音響学研究会において発表された論文「球面調和関数を用いた音場再生における移動作用素適用時の再生誤差の一検討」(著者:片田 晃輔,坂本 修一)によるものです.