ソフトウェア構成研究室の上野雄大准教授、大堀淳教授が,日本ソフトウェア科学会 第24回研究論文賞 (2019年度)を受賞

ソフトウェア構成研究室の上野雄大准教授、大堀淳教授が,日本ソフトウェア科学会 第24回研究論文賞 (2019年度)を受賞

受賞業績は「部分動的レコートを活用した型付きテンプレートエンジンの実現」逢坂 美冬,上野 雄大,大堀 淳, コンピュータソフトウェア Vol. 35, No. 3 (2018)です。なお、本業績は、逢坂 美冬氏(日立ソリューションズ東日本)がソフトウェア構成研究室修士2年在籍時のものです。

研究論文賞賞は,日本ソフトウェア科学会の学会誌に掲載された特に優れた研究論文を表彰するものです。賞状および副賞(5万円)が授与されます.第24回研究論文賞は,2020年9月の日本ソフトウェア科学会第37回大会の表彰式で授与されました.

お問合わせ先

日本ソフトウェア科学会総務担当理事
国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科
石橋圭介准教授