超高速光通信研究室(廣岡・葛西研究室)の渡邊碧さん(博士前期課程1年)がOECC 2020 Best Student Paper Awardを受賞 (2020年11月5日)

超高速光通信研究室(廣岡・葛西研究室)の渡邊碧さん(博士前期課程1年)がOECC 2020 Best Student Paper Awardを受賞 (2020年11月5日)

超高速光通信研究室(廣岡・葛西研究室)の渡邊碧さん(博士前期課程1年)が、OECC 2020 Best Student Paper Awardを受賞しました。
本賞は2020年10月に開催された国際会議OECC 2020において、特に優れた論文を発表した学生を表彰するものです。受賞論文は、”12.8 Tbit/s (10 ch, 1.28 Tbit/s) OTDM-WDM Transmission of 320 Gbaud PDM-DQPSK Optical Nyquist Pulses over 1500 km” (A. Watanabe, T. Hirooka, M. Yoshida, and M. Nakazawa)です。

お問合わせ先

東北大学電気通信研究所
ブロードバンド工学研究部門
超高速光通信研究室
[教授] 廣岡 俊彦
TEL:022-217-6396
Mail:hirooka*riec.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください)