共同プロジェクト研究会」カテゴリーアーカイブ

2017年12月27日・28日 大阪大学産業科学研究所との共同プロジェクト研究(タイプS)で,合同研究会「大規模データ処理に基づく対話的知識創発を通じた共感計算機構」を開催します.

2017年12月27日・28日 大阪大学産業科学研究所との共同プロジェクト研究(タイプS)で,合同研究会「大規模データ処理に基づく対話的知識創発を通じた共感計算機構」を開催します.

12月27日(水)
13:10~15:00 ご挨拶 北村喜文 (東北大学)
「情報の質と価値の科学技術」 塩入 諭(東北大学)
「ブレインモルフィックコンピューティングハードウェアについて」 堀尾 喜彦(東北大学)
「不揮発ロジックとその応用」 羽生 貴弘(東北大学)
「皮膚抵抗、心電、脳波による快不快と覚醒度の推定」 沼尾 正行 (大阪大学)
「睡眠環境音に基づく睡眠パターンの可視化と睡眠の良否判別」 福井 健一 (大阪大学)
15:00~15:20 Break
15:20~16:40
「Boundary matching filters for high-definition spatial audio」 Cesar D. Salvador (東北大学)
「エージェント型情報流処理基盤の検討] 北形 元 (東北大学)
「人-エージェントの知的協働とネットワーク管理への応用」 笹井 一人 (東北大学)
「沿岸部地域向け避難誘導支援システムの実現に向けた取り組み」 高橋 秀幸 (東北大学)
16:40~17:00 Break
17:00~18:00
「歩容認証のための輝度値共起と空間に対する計量学習」 槇原 靖 (大阪大学)
「歩容事前知識を用いた歩容特徴再生」 村松 大吾 (大阪大学)
「見えないものを視る:衣服に隠された人体三次元形状の推定」 大倉 史生 (大阪大学)

 

 

12月28日(木)
9:20~10:20
「先端計測のための機械学習」 鷲尾 隆 (大阪大学)
「データ駆動によるダイナミクス抽出」 河原 吉伸 (大阪大学)
「機械学習モデルの列挙」 原 聡 (大阪大学)
10:20~10:40 Break
10:40~12:20
「大規模並列計算に向けたメモリ管理技術」 上野雄大 (東北大学)
「高信頼言語を超並列技術及び仕様検証技術と統合する高性能高信頼ソフトウェア基盤」 大堀 淳 (東北大学)
「積み木型センサデバイスの試作とその応用」 高嶋 和毅 (東北大学)
「オントロジーに基づくナレッジグラフを用いた知識ベース開発」 古崎 晃司 (大阪大学)
「対話システムにおける対話を通じた知識獲得」 駒谷 和範 (大阪大学)

京都大学デザイン学ユニットとの共同プロジェクト研究(タイプS)で,合同シンポジウム 「デザイン学に基づく電気通信システムの革新」を開催します.

京都大学デザイン学ユニットとの共同プロジェクト研究(タイプS)で,合同シンポジウム 「デザイン学に基づく電気通信システムの革新」を開催します.

京都大学デザイン学ユニット・東北大学電気通信研究所 合同シンポジウム
「デザイン学に基づく電気通信システムの革新」

研究代表者:椹木哲夫(京都大学)、北村喜文(東北大学電気通信研究所)

開催日時:2017/12/15(金)

開始時刻:13:30から

開催場所:東北大学 電気通信研究所本館5階 M531セミナー室

     http://www.riec.tohoku.ac.jp/ja/access/

13:30-15:00 <SESSION 1:仕組みと機構>
「インタラクティブコンテンツのデザイン」
  北村喜文(東北大学電気通信研究所・情報コンテンツ研究室・教授)
「動物の生き生きとした振る舞いに内在する制御原理」
  石黒章夫(東北大学電気通信研究所・実世界コンピューティング研究室・教授)
「デザインプロセスの拡張的記述の試み」
  北雄介(京都大学学際融合教育研究推進センター・特定講師)
「新機能メカニズム-全方向駆動車輪、変速システム-」
  小森雅晴(京都大学大学院工学研究科・教授)
「視覚と行動に関する脳処理と日常生活での役割」
  塩入諭(東北大学電気通信研究所・高次視覚情報システム研究室・ 教授)
15:10-16:40 <SESSION 2: 認知と社会>
「共感覚メタファに基づく言語のデザイン」
  楠見孝(京都大学大学院教育学研究科・教授)
「Human Implicit Social Interactions」
  曽加蕙(Chia-Huei Tseng)(東北大学電気通信研究所・高次視覚情報システム研究室・准教授)
「マルチモーダル空間情報の高次感性評価」
  崔正烈(東北大学電気通信研究所・先端音情報システム研究室・ 助教)
「研究アーカイブの展示・展開・展望」
  山本恭裕(京都大学学際融合教育研究推進センター・特定教授)
「組織デザインに対するゲームを用いたアプローチ」
  松井啓之(京都大学経営管理大学院/大学院経済学研究科・教授)
16:50-18:02 <SESSION 3: 作用と効用>
「省エネ・ナノエレクトロニクス:デザインとの接点は?」
  大野英男(東北大学電気通信研究所・スピントロニクス研究室・教授)
「人と機械の共創による活力ある社会技術システムのデザイン」
  椹木哲夫(京都大学大学院工学研究科・教授)
「専門領域を超えた専門家の協働による産学オープンイノベーション」
  十河卓司(京都大学学際融合教育研究推進センター・特定准教授)
「触発と知識創造を指向するデータ体験とビジュアルインタラクティビティ」
  中小路久美代(京都大学学際融合教育研究推進センター・特定教授)

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会 「非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究」2017年11月5日(日)・6日(月)開催

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会 「非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究」2017年11月5日(日)・6日(月)開催

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会
「非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究」
共催 電子情報通信学会非線形問題研究会

開催日時:2017年11月5日(日)13:00~17:50、 6日(月)10:00~16:30
開催場所:東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 4階 A402室

プログラムはこちらから

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会 「超伝導検出器と読出回路の高性能化に関する研究」(2016年10月26日・27日)

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会 「超伝導検出器と読出回路の高性能化に関する研究」(2016年10月26日・27日)

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会
「超伝導検出器と読出回路の高性能化に関する研究」

共催:電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会(SCE)

日時:平成28年10月26日(水)、27日(木)

場所:東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟  カンファレンスルーム

プ ロ グ ラ ム
10月26日(水)
13:10-13:40 平山文紀(産総研)
招待講演「産総研におけるマイクロ波SQUIDマルチプレクサ開発の現状」
13:40-14:10 美馬覚(理研)
招待講演「宇宙マイクロ波背景放射偏光観測実験GroundBIRDのMKID検出器アレイの開発」
14:10-14:40 武内勇司(筑波大)
招待講演「宇宙背景ニュートリノ崩壊探索実験COBANDに向けたSOI-STJ開発」
15:00-15:25 ○猪股邦宏・林 志栄(理研)・越野和樹(東京医科歯科大)・オリバー ウィリアム(MIT)・蔡 兆申(東京理科大)・山本 剛(NEC)・中村泰信(東大)
「超伝導量子回路を用いたマイクロ波光子検出器」
15:25-15:50 ○野口 卓・Shibo Shu・Agnes Dominjon・関本裕太郎(国立天文台)
「ギャップブロードニング効果を考慮した超伝導共振器の応答特性の解析」
15:50-16:15 ○喜田洋介・石野宏和・樹林敦子・山田要介・小松国幹・秀平直人(岡山大)・羽澄昌史・佐藤伸明(高エネルギー加速器研究機構)・神代 暁・山森弘毅・平山文紀(産総研)
「液体ヘリウムを用いた軽い暗黒物質探索用超伝導検出器(LEKID)の開発(2)」
16:15-16:40 ○山田要介・石野宏和・樹林敦子・喜田洋介・小松国幹(岡山大)・羽澄昌史・佐藤伸明(高エネルギー加速器研究機構)・酒井和弘(NASA)・神代 暁・山森弘毅・平山文紀(産総研)
「超伝導検出器KID用高速多重同時読み出しシステム    」
16:40-17:05 ○中島裕貴(JAXA)・平山文紀・神代 暁・山森弘毅(産総研)・入松川知也(東大)・山崎典子・満田和久(JAXA)
「TES型X線マイクロカロリメータアレイの読み出しに向けたマイクロ波SQUIDマルチプレクサ高速化の設計」
10月27日(木)
10:00-10:25  ○三木茂人・藪野正裕・山下太郎・寺井弘高(NICT)
「アバランシェ型超伝導ナノワイヤ単一光子検出器の特性評価」
10:25-10:50  ○和木健太朗(阪大/NICT)・山下太郎(NICT)・井上振一郎(NICT/JST)・三木茂人・寺井弘高(NICT)・生田力三・山本 俊・井元信之(阪大)
「導波路結合型SSPDによるオンチップ二光子干渉計の作製」
10:50-11:15 大田一喜・成瀬雅人・田井野 徹(埼玉大)・康 琳・陳 健・呉 培亨(南京大)・○明連広昭(埼玉大)
「単一磁束量子増幅器を用いた超伝導ナノワイヤ単一光子検出器アレイによる光子数検出器」
11:15-11:40  ○山梨裕希・松島 孝・竹内尚輝・吉川信行(横浜国大)
「磁束量子パラメトロンの電流感度の調査」
11:40-12:05  ○神谷恭平・上阪 岬・内藤亮介・田中雅光(名大)・Ali Bozbey(TOBB ETU)・赤池宏之・藤巻 朗(名大)
「2次元直列接続超伝導細線検出器アレイによるイメージセンシングシステムの構築」

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会(H27/B08)「高次元ニューラルネットワークにおける情報表現の最適化」

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会(H27/B08)「高次元ニューラルネットワークにおける情報表現の最適化」

東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会(H27/B08)「高次元ニューラルネットワークにおける情報表現の最適化」

日時:平成28年9月12日(月)

場所:東北大学電気通信研究所  ナノ・スピン総合研究棟A401室

プ ロ グ ラ ム
9月12日(月)
13:00 – 13:20 廣瀬 明、宇佐美 尚人、Arnab Muhuri, Avik Bhattacharya(東大)
「山岳地帯雪氷マッピングのための四元数ニューラルネットワーク偏波合成開口レーダ処理」
13:20 – 14:20 (招待講演) 山田 功(東工大)
「逆問題のための情報表現と凸最適化に関する2つの話題」
14:35 – 15:05 (招待講演) 山根 敏志(日本IBM)
“Dynamics of reservoir computing at the edge of stability”
15:05 – 15:25 小林 正樹(山梨大)
「対称結合をもつ複素ホップフィールドネットワーク」
15:25 – 15:45 峯本 俊文、礒川 悌次郎、松井 伸之(兵庫県立大)
「四元数ELM」
15:45 – 16:05 上口 大晴、松井 伸之、礒川 悌次郎(兵庫県立大)
「量子ビットニューラルネットワークによるカオス時系列予測」
16:20 – 16:50 (招待講演) 中川 八穂子(日立製作所)
「日立CMOSイジングコンピューティング研究のご紹介」
16:50 – 17:10 新田 徹(産総研)
「複素ニューラルネットワークによるTwo spirals problemの求解」
17:10 – 17:30 黒江 康明(京都工繊大)
「強化学習の高次元化とその応用」
17:30 – 17:50 Eckhard Hitzer(ICU), Robert B. Easter
“Double Conformal Geometric Algebra Surface Representation”