工学研究会EMC仙台ゼミナール協賛講演会

工学研究会EMC仙台ゼミナール協賛講演会

研究会名:工学研究会EMC仙台ゼミナール協賛講演会
開催日:平成20年10月25日(土)13:30~17:00
テーマ:「ロシア・旧ソビエトにおける電波ばく露基準とロシアにおける環境電工学技術」講演会
開催場所:仙台国際センター小会議室1
備考:開催案内詳細( webpdf 


工学研究会EMC仙台ゼミナール協賛講演会開催のご案内

工学研究会 EMC仙台ゼミナール
主査 曽根 秀昭
幹事 山口 正洋

 

下記により,工学研究会EMC仙台ゼミナール協賛の講演会を開催しますので,ご参集くださいますようご案内申し上げます.

 

テーマ:「ロシア・旧ソビエトにおける電波ばく露基準とロシアにおける 環境電磁工学技術」講演会

  • 日時:平成20年10月25日(土)13:30~17:00
  • 会場:仙台国際センター、小会議室1
  • 共催:東北大学東北アジア研究センター、ISTC、仙台EMC研究センター推進部会
  • 協賛:EMC仙台ゼミナール,IEEE EMC仙台チャプタ

 

旧ソビエトの電波ばく露基準は、非常に厳しかったことが知られています。こうした基準に関する技術的、歴史的背景を解説していただくと共に、現在のロシアにおける基準について紹介をいただきます。また環境電磁工学技術の紹介、研究活動、企業化などについても解説をいただきます。

参加は無料です。

講演は英語で行います。一部ロシア語による講演には日本語通訳をつけます。

詳細:http://www.topic.ad.jp/emc-sendai/pr-oct2008.html または
http://cobalt.cneas.tohoku.ac.jp/users/sato/CNEAS-ISTC-Oct-25.pdf