工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会

工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会

研究会名:工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会
開催日:2010年1月8日(金)13:30~17:15
開催場所:東北大学サイバーサイエンスセンター講義室


工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会開催のご案内

工学研究会 EMC仙台ゼミナール
主査  曽根 秀昭
幹事  山口 正洋

下記により,工学研究会EMC仙台ゼミナール(研究発表および講演会)を開催しますので,ご参集くださいますようご案内申し上げます.

  • 日時:2010年1月8日(金)13:30~17:15
  • 場所:東北大学 サイバーサイエンスセンター講義室(仙台市青葉区荒巻字青葉6-3)
  • 議題:

13:30~15:30 研究発表

「情報機器を構成する基板の大きさが電磁的情報漏洩に与える影響」 大村孔平,林優一,水木敬明,曽根秀昭(東北大学)

「TEGチップ上に集積化した磁性薄膜電磁ノイズ抑制体の評価」 室賀 翔,遠藤 恭,鈴木 充,稲垣孝嘉,三束芳央,山口正洋(東北大学)

「サイドチャネル信号のスペクトル解析」 菅原健, 本間尚文, 林優一, 水木敬明, 青木孝文, 曽根秀昭(東北大学),佐藤証(産業技術総合研究所)

「電源線におけるキーボード入力信号の漏洩信号の周波数特性」 衣川昌宏,林優一,水木敬明,曽根秀昭(東北大学)

15:45~17:15 講演(通研講演会)

「エレクトロニクス機器におけるノイズ抑制のための実装構造」 原田高志(NECシステム実装研究所)

講演概要:回路動作の高速化にともない,浮遊容量や寄生インダクタンスなどの影響が顕著となり,従来のようなキャパシタやフィルタを用いた電流,電圧の制御ではノイズの低減が困難になることが予想される.こうした高い周波数帯では誘電体や磁性体などを用いた電界,磁界の制御が重要となる.本稿では,磁性体,誘電体を用いた構造による電磁波の吸収や遮へいなどのノイズ抑制のメカニズムを紹介するとともに,最近,話題となっているメタマテリアルを用いたノイズ抑制手法を述べる.

  • 主催:東北大学EMC仙台ゼミナール,IEEE EMC 仙台チャプタ
  • 協賛:東北大学スピニクス研究会