工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会

工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会

研究会名:工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会
開催日:2010年10月29日(金) 15:00~18:00
演題:1. 「EMC設計のためのLSIマクロモデリング」、2.  IEEE EMC Symp(FLL)の報告
講師:1.  和田修己先生(京都大学教授)、2.  仙台Chapterエリアからの参加者
開催場所:東北大学サイバーサイエンスセンター講義室


工学研究会EMC仙台ゼミナール・講演会開催のご案内

工学研究会 EMC仙台ゼミナール
主査 曽根  秀昭
幹事 山口  正洋

 

下記により,工学研究会EMC仙台ゼミナール(講演会)を開催しますので,ご参集くださいますようご案内申し上げます.

  • 日時:2010年10月29日(金)15:00~18:00
  • 場所:東北大学サイバーサイエンスセンター講義室(仙台市青葉区荒巻字青葉6-3)
  • 議題:

    1.  講演「EMC設計のためのLSIマクロモデリング」
    和田 修己(京都大学教授)

    講演概要:ディジタルシステムの高速高機能化に伴い,LSIが原因となる高周波ノイズの問題が顕在化している.これを解決するためのシミュレーションによる電磁環境適合設計(EMC設計)を目的として,LSIのEMCマクロモデルが開発されている.本講演では,高周波設計で問題となるチップ・パッケージ・PCBの統合設計も視野に入れて,LSIのEMCモデリングの現状と標準化の動向・EDA動向について,海外の研究動向も含めて解説を行う.
     
    2.  IEEE EMC Symp(FLL)の報告

  • 仙台Chapterエリアからの参加者
    原田公樹(NECトーキン)、萱野良樹(秋田大)、林  優一(東北大)
  • 主催: IEEE EMC Society Sendai Chapter
  • 共催: 東北大学EMC仙台ゼミナール
  • 対象: IEEE会員,一般

次回開催は12月21日(火)午後を予定しております.