第48回ナノ・スピン工学研究会

第48回ナノ・スピン工学研究会

研究会名:第48回ナノ・スピン工学研究会
開催日:2010年10月29日(金)15:00~16:00
題目:「阪大産研の遠赤外自由電子レーザー開発と利用の現状」
講師:磯山悟朗氏(大阪大学産業科学研究所)
開催場所:電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟5階A508号室


第48回ナノ・スピン工学研究会開催のご案内

東北大学 電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設
ナノ分子デバイス研究部
教授 庭野  道夫

 

下記の通り第48回ナノ・スピン工学研究会を開催致しますので,皆様多数ご参集下さいますよう,ご案内申し上げます.

  • 日時:2010年10月29日(金)15:00~16:00
  • 場所:東北大学 電気通信研究所ナノ・スピン総合研究棟5階A508号室
  • 講演者:磯山悟朗氏(大阪大学産業科学研究所)
  • 講演題目:「阪大産研の遠赤外自由電子レーザー開発と利用の現状」
  • 講演内容:大阪大学産業科学研究所では1990年頃から量子ビーム科学研究施設のLバンド電子ライナックを用いた自由電子レーザー(Free Electron Laser, FEL)の開発研究を行っている.1994年に波長40 μmで最初のFEL発振に成功したが,ライナックは30年以上前に建設されたもので高出力・高安定なFEL動作は不可能であった.しかし数年前にLバンドライナックを大規模に改修した結果,現状で25から150 μmの波長範囲で高出力動作が可能になり利用研究が始められる状況となった.遠赤外FEL開発の概要とFELの特性測定、試験的に始めた利用研究の現状について紹介する.

問い合わせ先

電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設
ナノ分子デバイス(庭野・木村)研究室

准教授 木村 康男

Tel:022-217-5502